ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
<< 本日よりColdplay 『Viva La Vida Tour』です! | main | JEFF BECK×ERIC CLAPTONの奇跡の共演ライブレポート >>
Coldplay Viva La Vida Tour 2009/2/12 @さいたまスーパーアリーナ

最新アルバム『Viva La Vida Or Death And All His Friends』が世界中で大ヒット!
今年のグラミー賞も主要4部門の1つ「ソング・オブ・ザ・イヤー」(最優秀楽曲賞)を含む3部門を受賞し、名実共に21世紀最大のロックバンドとなったUK出身のロックバンド、Coldplay の来日公演に参戦して来ました。

さいたまスーパーアリーナは家から近いし奇麗で、音響もいいので好きな会場です。

会場の横には大きな告知看板もありまして、期待が膨らみますね!

いつもですが、また超長文です。興味の無い方はスルーしてね!(笑)

4時過ぎに会場に到着!
最近は再結成とか80年代のバンドのLiveばかりでしたが、この日の客層はいつもと違いました。
カップル率が高いし、20歳代が多い、家族連れもたくさんいました。
アルバム『Viva La Vida Or Death And All His Friends』から聞き出した方も多そうでしたね。

既にグッズ売り場は長蛇の列!とりあえずTシャツとパンフをゲット!

すぐ、クロークのビニール袋を購入して預けるが、すでに200番代が入場している。
わたしはAL427番でしたので何とか間に合った。

このコミュニティアリーナで整列待ちとクロークを設けるのは良いですね!外は寒いし!
U2の時はここは使ってなかったので寒かったもんね。

でもあの場所は仕事でクライアントが借りるが、一日で、200万円もするんだけど、クリマンも大変だ。

スタンディングの入場の際は、いつもクリマンの仕切りが悪いので、(場合によってはいい事も!)少し期待してたけど、今回もビンゴ!

ALの入場列がアリーナ入り口で崩れ、みんな走りだした!
それに便乗して自分もダッシュ!!ここで、100人くらい抜けたかな!(笑)

花道前のサブステージに気が付かず、最前列目がけて猛ダッシュ!!!
最前4〜5列目でしたけどLとRの通路の柵前につけた。
柵につけると楽なんですよね!密着して人の体温で熱いけど、柵から涼しい風が入るので・・・。

19時にオープニングアクトのJon Hopkins featuring Davide Rossiがありましたが、正直言って良かった!
でも、COLDAPLYのファンには退屈だったと思うな。
クリムゾンとかデヴィット・シルビアンとか聞く人には気に入ってもらったのではないかな?アニメはダメだったな。

セットチェンジでまた30分以上かかるのだけど、今回のCOLDAPLYは初めてのライブとかスタンディングが初めてとかの方が多かったようですね。

トイレは行けるのですか?なんてノンキなカップルがセキュリティの兄さんに聞いてた。
当然警備員も「出してあげても良いけどここへは戻れないよ!」の返事!そうしたら、彼女は「帰ってきたらここへ戻してくれないの!」。
柵越えを考えてたようですが、却下されてましたね。
初めてだとトイレをどうしたらいいかも分からないもんね。



会場のSEが大きな音量になり「美しく青きドナウ」が流れるとクルーの人が手拍子を促して盛り上げ大歓声!終了と同時に照明が一気に落ちた。

20時10分頃開幕!
01 Life In Technicolor
02 Violet Hill

「Life In Technicolor」のイントロが高らかに鳴り響くと、黒幕に映し出されたシルエットの状態でメンバーが手持ち花火を持って登場した。

バックスクリーンには『Viva La Vida 』のジャケット、ドラクロアの「民衆を導く自由の女神」が描かれてた。
直ぐに1stシングルの「Violet Hill」へと続くとアリーナは女子の悲鳴の様な歓声と男の大歓声!


03 Clocks
04 In My Place
05 Speed Of Sound
06 Yellow

ここは、過去の名作からの惜しげもなくキラーチューンの4連発!
え!ここで演奏してしまうの?って感じ。
この4連発は涙しましたね。

「Clocks 」の”And nothing else compares〜”に
「In My Place 」では”Yeah, how long must you wait for it? ”の合唱!
「Scientist」も自分のまわりは歌詞を正確に歌ってましたね!

さあ「Yellow 」だ!”Look at the stars 〜”とみんな大合唱でしたよ!
このギターのイントロを聴くと身体が反応するね!やっぱ、ギター大好き!

演奏中には、大きな黄色い風船がアリーナ中にばらまかれて大変でした!
YELLOWの風船にタッチできたのは嬉しいけどみんなタッチに夢中でしたね。


クリスがギターのヘッドで 風船を割ろうとするが、割れずに失敗!2度目で大きめなバルーンを割ったら紙吹雪が空中に舞いました。

09 Fix You

「Fix You 」では美しい旋律で、”Lights will guide you home 〜And ignite your bones〜And I will try to fix you”を合唱!
途中で、静かなパートから一転して、ギターの旋律が激しく奏でられる瞬間が、CD聞いてても良いですが、生で聞けるのは、最高の瞬間で感動です。

クリス・マーティンはステージを走りまわり、花道を駆け下りてステージ狭しと激しく動き回る。
AR花道で寝転がってましたが、息が上がってたね!
それにしても良く走りまわる!
ALステージでも数曲演奏したりして観客を飽きさせない。

15 Viva La Vida
16 Lost!

「Viva La Vida」はこのライブで最高の盛り上がり。イントロがながれてすぐに、OhOhOh〜Ohが始まり大歓声!

ステージと観客が一体になった瞬間です。

さすが、世界中で売れに売れたグラミー賞『Song of The Year』受賞の「Viva La Vida」です。

17 Green Eyes
18 I'm A Believer (cover tune of The Monkies)


ステージ最後方のCステージに行ってしまい、アリーナからはスクリーンで鑑賞です。
後ろのファンにも楽しんでもらいたいバンドの姿勢でしょうね!

クリスのミニキーボードの音が出ないアクシデントがあって、クリスは放送禁止用語を言ってましたね。Liveの放送ではカットかな?

モンキーズのI'm A Believerで発音の良い英語での歌い声が後ろで聞こえたので振り返ると、oasisのノエル似の外人さんと開演前から中国語でうるさかった中国人女子4人組みでした。
中国の英語教育は日本より上なのでしょうか?発音の良い英語だったな!


19 Viva La Vida (remix interlude)

ここで、ステージはいったん暗転し、メンバーがステージから下がり「Viva La Vida」のリミックス・バージョンが流れます。
メンバーの登場までの間に携帯のライトを誰かが、かざし始めて、ステージサイドのスクリーンや天井の球体スクリーンに写し出されたんで、開場中で灯された携帯のライトが奇麗でした。

20 Politik
21 Lovers In Japan
22 Death And All His Friends

Lovers In Japanは、本日一番の盛り上がり!

何万枚もの蝶の形の紙吹雪が、これでもかと上空から降ってきて、蝶を全身で浴びれたのが、もう!涙ものの感動でしたよ!

眩いくらいに美しい光景を目の当たりにできて幸せな気分を味わえた。

これがもうすげ〜幻想的で、今まで見たライブのなかで一番の演出だったかもしれません。
クリスが赤い番傘を片手に歌う姿もよかった。

メンバーがステージ中央に集まりお辞儀をしてステージを下りここで、1stアンコール終了!


23 The Scientist
24 Life In Technicolor ii
25 The Escapist (outro)

The Scientistはピアノで始まる美しい曲ですね!
みんな、感動に酔いしれるようにそして、一言一言を噛み締めるように歌ってましたね。
最後はLife In Technicolor ii !
始まりの曲に歌詞をつけたバージョンで、ライブの始まる序章と同じ高揚感のあるこの曲をラストに持ってきたのは、生と死、輪廻転生か、アルバムのタイトルで意味するものなのか?
良い終わりかたでしたね。

クリスの声も良く出てたし、バンドメンバーも良かった。
でも、もう少し音量が大きくてもよかったかな〜!ベースとドラムが心臓に響いて来る感じが足らなかったかも。

「アナタタチハスバラシイ」ってクリスも言ってましたが、オーディエンスの反応も良かった。

本当にLive会場に脚を運ばないと得られない感動が、生のステージにはありますね。
人生って素晴らしいって!幸せだな!〜って、感じられるようなLiveでした。

Liveの後にこんなに清々しくて、幸せに感じられたのは、初めての体験だったな〜!

Live閉演後は、しばらくの時間アリーナの床に座り込んで感動を噛み締めてから帰りました。(爆)
俺って単純なのかな〜?

今回はカメラ撮影がOKでしたが、撮影する行為が嫌いな人とか、気が散るとか色々な意見がありますが、撮影する場合、自分は、後方の人に液晶のライトが迷惑でない様にスモークフィルムを貼って挑みましたが、そんな配慮も必要ですよね!
カメラも自分の目線以上上げないようにしましたし・・・。と言い訳!

自分はお持ち帰りしたいタイプなので、蝶の紙吹雪もたくさんお持ち帰りしたし、写真も思い出をお持ち帰りのために、たくさん撮影してしまいました。(爆)

スタンドからの会場風景と黄色いバルーンの画像はいただき物です。

2009/2/12 Thu COLDAPLY@さいたまスーパーアリーナ セットリスト
01 Life In Technicolor
02 Violet Hill
03 Clocks
04 In My Place
05 Speed Of Sound
06 Yellow
07 Chinese Sleep Chant
08 42
09 Fix You
10 Strawberry Swing
11 God Put A Smile Upon Your Face (techno remix)
12 Talk (techno remix)
13 The Hardest Part (Chris solo)
14 Postcards From Far Away (Chris solo)
15 Viva La Vida
16 Lost!
17 Green Eyes
18 I'm A Believer (cover tune of The Monkies)
19 Viva La Vida (remix interlude)
(1st Encore)
20 Politik
21 Lovers In Japan
22 Death And All His Friends
(2nd Encore)
23 The Scientist
24 Life In Technicolor ii
25 The Escapist (outro)

2009/2/11 Wed COLDAPLY@さいたまスーパーアリーナ セットリスト
01. Life In Technicolor
02. Violet Hill
03. Clocks
04. In My Place
05. Speed Of Sound
06. Yellow
07. Chinese Sleep Chant
08. 42
09. Fix You
10. Strawberry Swing
11. God Put A Smile Upon Your Face (Remix)
12. Talk (Remix)
13. The Hardest Part
14. Postcards From Far Away
15. Viva La Vida
16. Lost!
17. Green Eyes (Acoustic)
18. Death Will Never Conquer (Acoustic)
−−−Interlude−−−
19. Viva La Vida (Thin White Duke Mix)
−−−1st Encore−−−
20. Politik
21. Lovers In Japan
22. Death And All His Friends
−−−2nd Encore−−−
23. The Scientist
24. Life In Technicolor II
25. The Escapist (Outro)

| Coldplay | 08:05 | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 08:05 | - | - |
コメント
rainmakerさん
またまた大作になってしまいました。(爆)
>小さいハコ系中心になりそうな視聴傾向を感じる今日この頃

今まで聞けなかったり、最近の新作を追ってられるますもんね!
自分はなかなか新しいバンドを聞くまで余裕がなくて、聞いてなかったすでに大物になったバンドを追いかけてます。

今回のコープレでミクシィでコメントくれたかたの足跡を追うと、5割はUKロック専門志向で3割がUKロックとJポップの両方で、2割はいつもはJポップばかりで初めて洋楽ライブ参戦といった感じでした。
きっと新作のViva la vidaのグラミー受賞とipodのCM効果でファンになった方がライブに脚をはこんでたようです。

HM/HRの両方OK派はめずらしいようで、自分とゆりおさんは貴重品かもです。
HM/HRとUKロックのバランスが自分としては大事です。
めずらしい両刀使いの方は、辿るとミュージックライフとかロックショウで育った年代で、みんな超ミーハーのようです。
| ziggy | 2009/02/16 8:27 AM |

ゆりおさん、コールドプレイ良かったね〜!
2006年のU2以来の完全ノックアウト状態です。
何時までこの余韻が続くかと毎日コープレを聞いてます。

最前列付近で見たのに贅沢をいってはどうかと思いますが、ステージ全体をフルスケールで堪能できるスタンドでも見たかったですね。
前過ぎてステージのライティングとかもそうだけど、一部分しか見れなかったし・・・。
Lovers in japanの演出も最高でした。
仰るように、光輝く彼らのライブで幸せをとても感じましたね。
自分もMTVオンエアまでyoutubeで楽しんでます。

マイミクさんが最前列からの動画をyoutubeアップしてますよ。
http://tennis-life.blog.so-net.ne.jp/2009-02-11
| ziggy | 2009/02/16 8:05 AM |

こんばんは。 今日は暖かい一日でしたね。 息子と訪れた公園で、mixi経由で拝見したのですが、大作でしたので改めてじっくり拝読した次第です。

Coldplayは、残念ながらまだ聴くに至っていないのですが、生々しく・清々しいライブレポート楽しく読ませて頂きました! このままだと、小さいハコ系中心になりそうな視聴傾向を感じる今日この頃、アリーナライブって楽しそうだな〜とうっとりしました。 豪華な演出も体験してみたい!! Lovers in Japanという曲もあるのですね♪

ziggyさん、ゆりおさん、楽しい時間よかったですね〜。 おつかれさまでした!
| rainmaker | 2009/02/14 8:24 PM |

おはようございます!

あの場所は200万するのですか。
プロモーターも大変ですね。
会場のレンタル代は、週末と週初めでは又お値段が違うのでしょうか?
ウO−さんが最近月曜ライブが多いので、なぜ週末にならないのかなといつも思ってまして...

いや〜、いいライブでしたねー。
1年半振りくらいのスーパーアリーナでしたが(08ラウパ病欠のため)、
そのライブがColdplayでホントによかったです。
上から聴いてて音が良かったです。
スタンドから見た蛍光ちょうちょ吹雪も、キレイでしたよ!
風船が出てくると皆さんそっちに意識がいっちゃいますよね(笑)
あと、天井にくっついてた風船みたいなものに
映像が写ったりして、工夫されてました。

Lovers in japanの時に映し出された桜や満月を見て、日本は美しい国なんだって思い出させてくれました。携帯かざしもキレイで楽しかったし、Viva la vidaの盛り上がりは凄かった。
本当にいい曲ばっかり!!!

光輝く彼らのライブで幸せをとても感じました。
クリスの「た〜のしんでるぅ?」も聞けて大満足!
27日のMTVオンエアが待ちきれない!
それまでは、皆さんのUPしてくれたものをYouTubeで見て余韻に浸ります。

ziggyさんは、おうちが近かったのでゆっくり噛みしめておられたのですね。
私は、即帰路に着きましたが遠いので
家に着いたのは午前0時30分でした。
そのあと余韻に浸ってましたので、
翌日寝不足でした(笑)


| ゆりお | 2009/02/14 9:19 AM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://u2queen.jugem.jp/trackback/90
トラックバック
コールドプレイ ライブ
コールドプレイ/ライヴ2003(期間限定) ※再発売(DVD) ◆20%OFF!商品価格:2,000円レビュー平均:0.0coldplay2009/2/15 神戸ワールド記念ホール. 「18金日記」. Viva la act!!!! 「18金日記」. Viva la music!!!! 「18金日記」. Viva la coldplay!!!! 完全
| ニュースMIX | 2009/02/16 2:14 PM |