ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
JEFF BECK Japan Tour 2010@国際フォーラム4/13



 まだまだ、鬼残業が続く毎日。帰宅時間は毎日23時。
今月はまだ、3日しか休んでないし・・・。

「それでも、ライブだけは行けるのね!」と嫁からチクリ!
行けるんじゃなくて、行くんです!と答えるワ・タ・シ。

今頃、JEFF BECKの感想ですが、実は今晩はゲイリー・ムーアのライブを渋谷AXで見る予定!
行けるかどうかは、夕方になってみないと何とも言えませんが、会社から脱出する予定です。
アイスランドの火山噴火に伴う欧州便の欠航で、ゲイリーは来日できないのではないか?と心配されておりました。
実は密かに延期を期待しておりました。
だって、仕事が忙しいし、今回のライブはロックで無くて、ブルースセットだとご本人さまがインタビューで語っていたから・・・。
ロックのセットは6月のライブ以降だそうです。

火山噴火でジェットが飛ばなかったら延期か中止だもんね。
でも、日本に来る前にロシアでライブをやってたゲイリーは、20日に最初に運行再開されたヨーロッパ便のモスクワ発〜成田着便で来日してました。

テレビのニュースで全国にゲイリーの来日が報道されました。
みなさん、見ましたか〜〜〜?
その模様はゲイリーの来日って訳ではなくて、一般人として映ってました。
動画開始14秒から数秒、デブったゲイリーが映ってます。



さて、ここから下記はしばらく前に書きかけで、手付かずだったレポです。

伝説のクラプトンとの共演ライヴから1年、昨年も見たけれど、新譜『Emotion & Commotion』をリリースしたばかりのジェフベックの来日公演を東京国際フォーラムまで見に行ってきた。



4/ 5(月) 中京大学文化市民会館 オーロラホール
4/ 7(水) グランキューブ大阪
4/ 8(木) アルカイックホール 
4/10(土) JCB HALL 
4/12(月) 東京国際フォーラム ホールA
4/13(火) 東京国際フォーラム ホールA




4/12(月)が自分の誕生日だったけど、一日遅れの自分へのプレゼントって事で、4/13(火)の最終日に参戦した。

セットリストはこんな感じで、新譜からの選曲が多かった。

1. Eternity's Breath 〜 Stratus
2. Led Boots
3. Corpus Christi Carol
4. Hammerhead
5. Mna Na H'Eireann
6. Bass Solo
7. People Get Ready
8. Rollin' & Tumblin'
9. Never Alone
10.Big Block
11.Somewhere Over the Rainbow
12.Blast from the East
13.Angel (Footsteps)
14.Dirty Mind 〜 Drums Solo
15.Brush with the Blues
16.I Want to Take You Higher
17.A Day in the Life
Encore 1
18.How High the Moon
19.Nessum Dorma
Encore 2
20.Cause We've Ended As Lovers


Jeff Beck:G
Narada Michael Walden:Ds
Rhonda Smith : B
Jason Rebello : Key


ギター弾く人なら必ず聞いていると思うが、名盤の「BLOW BY BLOW」や「WIRED」を生み出したジェフ・ベック。
この2枚のアルバムはロックギターのバイブルとも言える作品ですが、まだ聞いたことないあなた!直ぐ聞いてくださいな!


来日直前にリリースされた新譜『Emotion & Commotion』を聞いたら、これが期待を裏切って良かった。
ハード路線に行くようなジェフご本人のインタビューがあったが、オーケストラを入れたりしていて、良い意味で裏切られた。


仕事が忙しくて行ける可能性は低かったんで、チケットを買っていなかったけど、直前になって新譜を聞いたら、かなり行きたくなった。

あと、もう1つの行きたくなった理由は、バックメンバーでした。

今回のツアーメンバーは、なんとドラムにナラダ・マイケル・ウォルデン。

ナラダは、1976年にジェフ・ベックのアルバム「WIRED」に参加していた、敏腕ドラマーです。

アルバム「WIRED」に収められている名曲『Led Boots』を録音メンバーのナラダが太鼓を叩くなんて!

想像しただけでも、すげ〜!

多分100回以上聞いたと思う「WIRED」の再演とならば行かない理由は見当たらない!

今回はベースに昨年の来日に同行した、麗しき女性ベーシスト「タル嬢」は来なかったけど、ベースにはロンダ・スミスが起用されている。彼女はプリンスのバックだった実力派。

仕事をさっさと片付けて東京国際フォーラムに着いたのは開演15分前。

開場前にチケット余ってそうな方も居ないし、ダフ屋に聞いても売りたくても券が無いそうで、諦めて当日券を購入、2階席で我慢。

東京国際フォーラムの2階は初めてでした。

距離的には、武道館の南2階スタンドより遠い感じ。

観客層は40〜50歳代を中心に20代まで男は幅広く、若い女子は皆無に近いジェフ・ベックならでは。





定刻を5分ほど過ぎて開演!

中央にドラム。右にベースとキーボード。ステージやや左にジェフ・ベックが何時ものようなステージ衣装のブラックを基調としたスタイル。

双眼鏡を忘れたんで、細かくは見えないが、とても65歳には見えない。

大声援と大きな拍手で迎えるが、やはり誰も席を立たずに座ったまま。

あ〜!やっぱり座ったまま見るのね〜!

盛り上がらないと言うよりは、観客はジェフ・ベックの弾く様子を食い入るように、一音一音を聞き逃さないように見ている様子でした。

曲が終わると、口笛と声援!と大拍手!

激しい曲とスローな曲を交互に演奏するので、どうしても座って聞く感じになるのかな〜?

2曲目には念願のアルバム「WIRED」に収められている名曲『Led Boots』!

ドラムのナラダは、パワー派かと思いきや、パワーだけでなく、的確で手数も多くてシャープなドラムスタイル。

昨年さいたまスーパーアリーナで見た、『Led Boots』とはまた別格でした。

もうこの一曲を聞く価値だけで1万円払う価値があったと断言できると正直思った。

ジェフ・ベックは何時からか、ピックを使わず指で弾くスタイルになったんだけど、まるでフレットが無いような流れるような音色を奏でる。

単音がとても澄んでいて、透明感がある音色が心を洗われるんだな〜!

濁りの無い単音が流れるように連なり、ビブラートもまるで泣いているかのように鳴く。

指で弾いているからだけでなく、ビブラートはフレットを押さえている左手ではなくて、アームを右手ですくってかけるたり、弦を弾いている右手の小指で、コントロールボリュームを操作することも多用している。

ハーモニクス、トーンやボリュームのコントロール、アーム使い、そして何度見ても何やってるかわからない神業!

今回は2台のストラトを使い分けているようだったし、ラストの方では、レスポールも弾いてた。

そんな事を改めて感じながら、ライブは進行しているんだけど・・・・。

どうしても、立って身体を音に委ねて見たくなり、座って見るには限界。

幸い2階席の後方が空いていたんで、立って見ても迷惑にならない位置に移動。

スタンディングで後半は見たので気持ち良かった!

でも、座って見ていたオーディエンスも本編ラストの『A Day in the Life』や『Nessum Dorma』が終わると、大きな拍手と大声援と共に、一斉にガッツポーズをして立ち上がる観客の姿に別の意味で感動!

さすが、大人!

こんなライブって、なかなか無いね〜!

まるで、最高のオペラを最高の劇場で見た観客が、最大のスタンディングオベーションで迎えるって感じでした。

馬鹿みたいに、バンドの演奏もろくに聴かずにモッシュとか騒ぐだけが目的な最近の奴らに、正座させて見せたいライブでした。


65歳のジェフ・ベックは、円熟味もあったけど、相変わらず若々しくて攻撃的で、エモーショナルだった。

雑誌のインタビューでジェフは、「まだまだやりたいと思ったことのほんの一部分をかすっただけのこと。今後も追究し続けていくつもりだ。」、というようなことを話したらしい。

まだまだ、活発な活動と更なる進化を彼には期待できそうです。

彼はどこまで行くんだろうか?

ジミー・ペイジはご隠居状態だし、ジェフは、一体どんだけ進化するんだって感じだ。

でも、世界3大ギタリストと言われる、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、エリック・クラプトンですが、2年続けてジェフ・ベックが見れて、日本は良い国だな〜!なんてね。

ジミー・ペイジも来てくれませんかね〜!

でも、同じ月にジェフ・ベックとゲイリー・ムーアの二人が訪れる国って日本くらいではないでしょうか?

Jeff Beck - MSG - 2-18-10 Led Boots HD

 

| Jeff Beck | 01:06 | comments(4) | trackbacks(0) |
25年ぶりの共演?Jeff Beck and Rod Stewart


2月に来日して素晴らしいライブを披露したJeff Beck。
同時期に来日していた、Eric Claptonとのさいたまスーパーアリーナでの夢の競演も話題になりました。

1ヵ月後の3月に来日してくれたRod Stewartですが、個人的にはRod StewartとJeff Beck の共演の方が見たかったのが本音でした。

そんな夢の共演がロサンゼルスで実現してたようです。

4月にUSツアーを行っていたJeff Beck。
4月21日のLAのエル・レイ・シアター公演で何とRod Stewartとの共演が実現したそうです。
しばらく前のことですので、もう動画をご覧になられた方も多いのでは?

『People Get Ready』『I Ain't Superstitious』の2曲を演奏したそうです。

海外公演でのサプライズ映像が、簡単に見れるなんとも良い時代になりましたね。

1曲目は、1985年のJeff Beck のアルバム 『FLASH』に収録されている『People Get Ready』での、Jeff とRod の共演曲です。

Jeff Beckがイントロを奏でて、ステージそでから登場したRod Stewartが、るんるんPeople Get Ready〜と歌い始めたら・・・。

なんとJeffはギターを弾くのを止めて、手のひらで顔を覆ってしまった!
感極まった素振りを見せたJeffの様子が可愛いいです。

Jeff Beck & Rod Stewart - People Get Ready


2曲目は、1968年に発表された第一期ジェフ・ベック・グループのアルバム「Truth」より『I Ain't Superstitious』!
「41年前ぶり」だとRod Stewartが申しております!



Jeff Beck & Rod Stewart - I Ain't Superstitious


Jeff BeckはRod Stewartを最高のボーカリストと昔から公言しており、Rodが一緒にまた組んでくれるのを、ずっとまってるような事も以前から話しています。
Rod Stewartが、1968〜1969年の第一期ジェフ・ベック・グループを脱退した頃は、Jeff Beckは相当に性格が悪かったようで、変人扱いされてましたから、Rod StewartがJeff Beckと組むことは1984年までありませんでしたね。

Rod Stewartの Comouflage (1984年発表)というアルバムの中の3曲で Jeff Beck がリード・ギターを弾いています。

Rod のアルバム Comouflageリリース後の北米ツアーにJeffはゲストとして同行してたのですよね。
ツアーの途中で ツアー中の自分の扱いに不満を持ったJeff Beck は数公演同行した後にキャンセルしてしまったそうで、その後のRod の日本ツアーでは観ることができなかったのは残念でした。その時の北米ツアーを見た方は貴重でした。

2〜3月のJeff BeckとRod Stewartの日本公演がもう少しニアミスしてくれたら・・・。

私が行ったRod Stewartの日本武道館で、まさかの『People Get Ready』をRodが歌ってくれましたが、その時にギターがJeff Beckだったらな〜と思ったのは、あの日、武道館に参戦した約9000人全員が思ってた事でしょう!

インターネットって本当に便利!良い時代ですね!
ついでにJeff BeckとJimmy Pageの共演もいいですよ!Beck & Jimmy Page ~ Beck's Bolero / Immigrant Song / Peter Gunn Theme


| Jeff Beck | 17:40 | comments(2) | trackbacks(0) |
JEFF BECK×ERIC CLAPTONの奇跡の共演ライブレポート

JEFF BECKとERIC CLAPTONの競演ライブの最終日22日(日)に参戦しに、さいたまスーパーアリーナまで行ってきました。

土日とも仕事で一度は諦めていましたが、JEFFとCLAPTONの競演は、日本ではもう2度と観れないと思いまして、会社を急遽早退し駆けつけて来ました。
こんな私をクビにしない会社に感謝!

チケットを持ってませんでしたが、当日券狙いで開演の30分前に会場へ到着。
当日券が200レベルの席と確認し、新都心の駅前で余り券を売ってる人を捜しに行ったら、いました多数!

ダフ屋もいましたが、それは無視!

無事に素人さまからラムダ席を確保!
当日券よりはるかに良い席でよかった。
おまけにチケットは画像のようにイラスト入り記念チケットで〜す。

英3大ギタリストと呼ばれるエリック・クラプトン(63)とジェフ・ベック(64)とジミー・ペイジ(65)ですが、個人的な好みとしましては、下記です。

JIMMY PAGE>>JEFF BECK>>>ERIC CLAPTONの順で、JEFF BECKは80年の武道館以来の29年振りです。ERIC CLAPTONは初めてでした。

客層は先日のCOLDPLAYとは大違いでした。
皆さん私より年上ばかり、50歳代が中心でしょうか?
60歳以上の老夫婦も居ました。

でも、久しぶりでビックリ!
立たないんです。あのギターの神様のJEFF BECKが登場しても・・・。
2部のギターの二人目の神様ERIC CLAPTONが登場しても、立たないんです。誰も!座ったまま!

ずっと座って見るのが辛かった。

正確には、アリーナの前方の40人くらいが立ってるだけで、残りの1万数千人が座って見てました。

参加者が高齢のせいでしょうか?

それとも若い頃はライブを見るのに立ったら警備員に怒られた経験からでしょうか?(80年代初めまでは、立って良いのはアンコールだけでした)
ようやくERIC CLAPTONの名曲『コカイン』でアリーナの四分の一位とスタンドの一部が立ちました。

でも、自分の周辺は立たないし、このまま立たずに終わるのかと心配でしたが、3部は初めから総立ちになって良かった!
映画じゃないんだから、もう!お尻が痛くなりました!


ライブは3部構成でした。
17:00過ぎに開演。

1部=JEFF BECK
2部=ERIC CLAPTON
3部=JEFF BECK×ERIC CLAPTONで、二人の共演という構成でした。

1部のJEFF BECKが60分でその後にセットチェンジの為に20分程の休憩がありまして、2部のCLAPTONが60分のセット!
3部はERIC CLAPTONのバンドに、JEFFが参加するバンド構成でした。


ジェフベックは個人的に自分の携帯の着信に『Led Boots』 を使用しているので、『Led Boots』が聞けたのは最高でした。

ビートルズのカバーで『A Day In The Life』は素晴らしいアレンジでしたが、あの曲を選んだジェフベックは良い意味で、やはり奇人だな!
でも、初日に演奏した『Blue Wind』がカットされてたのは残念でした。

またジェフベックはピックを使わずに指で弾くので有名だけど、あれだけ掻き鳴らして良く指を痛めないもんだ!感心しました。

1部=JEFF BECKセットリスト
The Pump
You Never Know
Cause We've Ended As Lovers
Stratus
Angel
Led Boots
Goodbye Pork Pie Hat - Brush WIth The Blues
Tal's Solo with Jeff
A Day In The Life
Big Block
Where Were You
Peter Gunn Theme

でもって、今回の成果はJEFF BECKのバンドのベーシストTal Wilkenfeld/タル・ウィルケンフェルドですね!

タル嬢が、またすげぇ〜上手な上に可愛い!

タルが弾くベースにジェフが背後から二人羽織のような感じで、ジェフがタルのベースを二人で弾くところはハイライトでしたね!

あんなの初めて見ましたよ!
タル嬢がハイポジションを弾き、ジェフがローポジションを同時に1つのベースで弾くのですもんね!
タル嬢がハイポジションで構える姿にノックアウトされて来ました。
この様子は下の動画を見れば納得です。

才能ありますね!
20歳代の彼女はジェフに大抜擢されたようですが、ジェフと互角に渡りあえるタル嬢の才能と努力に拍手です。

Jeff Beck & Tal Wilkenfeld - Cause We Ended As Lovers


初日の土曜日に参戦した方の情報では、完全にJEFF BECKの勝利で、2部のERIC CLAPTONはブルース基調で、いかにも仕事で弾いてます的な内容らしく、地味すぎて盛り上がりに欠けたと言う情報でした。

ここのところ、クラプトンのライブは武道館連続公演で当たりハズレがあるのが有名です。
ERIC CLAPTONは昨日のJEFF BECKの熱演に危機感を感じたのか?今晩の演奏はかなり頑張った演奏だったようです。

『Layla』はアコースティックバージョンだったのが残念でしたが、初日には演奏しなかった『I Shot The Sheriff』 と『Wonderful Tonight』 が聞けて最高でした。
特に『I Shot The Sheriff』の演奏は鬼気迫るソロを聞かせてくれましたね。

Eric Clapton - I Shot the Sheriff


2部=ERIC CLAPTONセットリスト
Driftin' (EC's solo)
Layla(unplugged version)
Motherless Child
Running On Faith
Tell The Truth
Key To The Highway
I Shot The Sheriff
Wonderful Tonight
Cocaine
Crossroads

3部は初めからスタンディングになりまして、ほっ!としましたが、殆んど知らない曲でしたが、世紀の競演だけあって、JEFF BECKとERIC CLAPTONのソロの応酬は凄まじかった。

JEFFのブルースも、CLAPTONの早弾きもお互いに影響されての事で、聞けて幸せでしたね。
この企画をしてくれたウドーに感謝です。

後悔はJEFF BECKとERIC CLAPTONの単独公演に行かなかった事かな!
JEFF BECKは、まだまだ進化し続けてるね。とても60歳過ぎてるとは思えない!
ERIC CLAPTONはCream時代のWhite Roomを聞きに行きたいな?

JEFF BECKとERIC CLAPTONに感謝です!

3部=JEFF BECK×ERIC CLAPTONセットリスト
You Need Love
Listen Here〜Compared To What
Here But I'm Gone
Outside Woman Blues
Brown Bird
Wee Wee Baby
I Want To Take You Higher

height="640" alt="" class="pict" />

また着もしないTシャツを記念に購入してしまいました!
| Jeff Beck | 03:54 | comments(2) | trackbacks(0) |
Jeff Beck
1980年日本公演パンフ・チケット


孤高の天才ギタリストJeff Beckは、1944年6月24日イギリス、サーレィ州生まれで、今年2007年なのでもうすぐ63歳になる。

05年06年と来日したJeffは中年太りも無く筋肉質で非常に鍛えられて60歳を超えた肉体には見えず、中性脂肪で肥えた自分が恥ずかしかった。ROCKはスリムが似合うし、ミックジャガーと同様に良い年の取り方をしてるよね。ガンズのアクセルやU2のボノを見ると鍛えて来てね!と言いたくなる。

ジェフ・ベックは、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ(元レッドツェッペリン)とともに「ロック3大ギタリスト」と昔は言われていました。

ロック3大ギタリストの3人が、60年代終わり頃にイギリスでROCKの基本を築いたと言われるヤードバーズというバンドの出身であるのが、また凄い事実だと思う。

個人的には、初代エリック・クラプトン、2代目ジェフ・ベックよりは、3代目ジミー・ペイジが大好きでそれはZEPがお気に入りだから仕方ない。ただしインストを考慮すればJeffが若手に与えた影響力は絶大だった。

男として仕事盛りの36歳の冬にアルバム『ゼア・アンド・バック 』/ There And Back をリリースし73年・75年・78年と80年の4回目の来日を果たした。

TOUR SCHEDULE
4 Dec. / 日本武道館
5 Dec. / 大阪府立体育館
8 Dec. / 九電記念体育館
9 Dec. / 倉敷市民会館
10 Dec. / 大阪フェスティバルホール
11 Dec. / 名古屋市民公会堂
12 Dec. / 宮城県民会館
14 Dec. / 北海道立産業共進会館
16 Dec. / 横浜文化体育館
17 Dec. / 日本武道館
18 Dec. / 日本武道館

このツアーは北から南まで今までで、一番の公演数と動員の多かったツアーでした。
ツアーの初日に中学校時代の友人W君と彼の中型バイクにまたがって武道館まで突っ走った。
まさにStar Cycleって感じ。

ブロウ・バイ・ブロウ/BLOW BY BLOW (1975) .ワイアード/WIRED(1976)の延長線上のライブではあるが、Rock色が強くなりハードな演奏を披露した。その要因は、当時弱冠20歳代前半位?だった天才ドラマーSimon Phillips の力が大きかった。

Star Cycle からEl Becko のながれ、そして名曲Led Boots とBlue Wind を聞くだけでも価値がある。アンコールのGoing DownではJeffがボーカルを披露したが、これはご愛嬌で恥ずかしそうに歌ってました。

誌上ライブML誌より


日本公演セットリスト
1.Star Cycle
2.El Becko
3.Too Much To Lose
4.The Pump
5.Cause We've Ended As Lovers
6.Space Boogie
7.Freeway Jam
8.Led Boots
9.Diamond Dust
10.Scatterbrain
11.Blue Wind
Encore
12.Goodbye Pork Pie Hat - You Never Know
13.Going Down

1980年12月4日(木)日本武道館
Jeff Beck (g, vo), Mo Foster (b), Simon Phillips (ds), Tony Hymas (key).

Jeff Beck/Star Cycle 1976
| Jeff Beck | 00:58 | comments(0) | trackbacks(1) |