ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Cheap Trick SUMMER SONIC EXTRA @ SHIBUYA O-EAST

 



武道館AGAIN以来5年ぶりのチープトリックを観てきた!

サマソニで来日するバンドはSUMMER SONIC EXTRAとして単独公演を行うか?その半年後とかに再来日して単独公演をやる場合の2パターンあるんだけど、前者でしたね。

しかし今年は大物バンドの当たり年です。

一月からMUSEでしょう、ホワイトスネイクにヴァンヘイレンの東京ドームを観て、今回のチープトリック!
同じ時期に呼ばなくても良いでしょうに〜〜!のエアロスミスに、10月にはKISSだよ!

11月にはポールマッカートニーにボンジョビでしょう?

これって何時の時代?まるで79年〜80年代前半の話だよ!(MUSEは別として)

今回正直、同じ招聘元なのになんでチープトリックとエアロスミス(QVC Marine Field)を同じ日に当てるのか?

前にもつぶやいたけど、どちらも良い番号が来た。


まあ結局チープトリックを選んで正解でした。

 

チープトリックは全米では、今回のようなライブハウスツアーが当たり前で、マジソンスクエアガーデンなどでは出来ないみたい。

でも日本では武道館やサマソニのようにスタジアムや幕張メッセ、小さくても渋谷公会堂クラスのホールが当たり前なのに、1300人クラスのライブハウスでチープトリックを観るにはアメリカへ飛ばないとでしたから超プレミアム。。。

会場に到着すると年代的に同じかそれ以上の女性ばかりが目立つ!

早速グッズを購入するが、Tシャツのデザインがひどいんで選ぶのに困った。



Tシャツとマフラータオルを購入!

そしてリックがばらまいたピックを拾った友人から1枚頂きました!赤いピック!

今回は某SNSのお友達3人さんと一緒にチケットを取って観に行ったんだけど、最前列目指すよ〜〜!って言った手前、後ろになったら困ったんだけど、クリマンの仕切りの悪さに便乗して入場!!

難なくロビンとリックの間辺りの好位置でしたが、最前列バーを確保できて一安心でした。

流石にチープトリック!

お知り合いさまが多数いらしていたのですが、ぎりぎりの時間に会場へ到着したし1階のフロアが狭い上に超混みで探せず大変失礼しました。


Cheap Trick のライブは『Hello There』に始まり『Goodnight』で終わるのが定番で、バニーがドラムの前回や前々回は1時間30分位であっという間に終わるのが常でした。

ドラムがリック・ニールセンの息子が担当するようになり、今までできなかった曲や時間も長くできるようになったらしい。

今年のツアーは現在全米42公演とカナダ2公演が既に行われていて、日によってはガラリとその内容を変え、レアな曲があちこちでプレイされいる。

ライブの予習をするのに、setlist.fmで確認してはっきり言ってビックリ!

ちなみに名古屋なんてトムの在籍していないアルバムからも演奏しているし、名古屋と渋谷ではガラって曲が変わってた。

アルバム別に分けるとこんな感じ

1  In Color (5) 
 
2  Dream Police (4) 
 
3  Heaven Tonight (3) 
 
4  Cheap Trick (2) 
 
   Lap of Luxury (2) 
 
   Next Position Please (2) 
 
7  All Shook Up (1) 
 
   Fats Domino (1) 
 
   Magical Mystery Tour (1) 
 
   Message From the Country (1) 
 
   One on One (1) 
 
   The Complete Epic Albums Collection (1) 
 
   The Latest (1) 
 
   Others (1) 

set list - shibuya o-east Japan - 8/8/13
 01.Hello There
 02.Elo Kiddies
 03.Just Got Back
 04.Ain't That a Shame
 05.Come On, Come On
 06.Taxman
 07.On Top of the World
 08.Way of the World
 09.Southern Girls
 10.Need Your Love
 11.I Know What I Want
 12.If You Want My Love
 13.Stop This Game
 14.Voices
 15.Wrong All Along
 16.I Want You to Want Me
 17.He's a Whore
 18.Dream Police

(Encore)
 19.California Man
 20.Surrender
 21.Gonna Raise Hell
 22.Goodnight

set list -  Nagoya Japan - 8/7/13
01.Hello There
02.Big Eyes
03.California Man
04.Ain't That A Shame
05.I Can't Take It
06.Lookout
07.She's Tight
08.On Top of the World
09.Can't Hold On
10.Borderline
11.That 70s Song
12.The House is Rockin'
13.I Know What I Want
14.Need Your Love
15.Never Had A Lot to Lose
16.Ballad of TV Violence
17.Magical Mystery Tour
18.The Flame
19.Baby Loves to Rock
20.I Want You to Want Me
21.Sick Man of Europe
22.Dream Police

(Encore)
23.Clock Strikes Ten
24.Surrender
25.Auf Wiedersehen
26.Goodnight

なんと4曲も名古屋の方が多い。

日本では人気の高いClock Strikes Tenが全米ではVoicesと日によって入れ替えられていたから、まさかとは思ったが、やはり名古屋で演奏したから渋谷では演奏しなかった。


中学生の時から好きだったバンドがまだまだ現役で、過去のライブでも遠い存在だったメンバーがすぐ1〜2メートル先で観れるなんて考えもしなかった。



みんなメンバーは良い年の取り方していたね!

 

リックは何本ギターを持ち替えていたのか?

お決まりのピック投げもあり、ドリームポリスの時のピック大量ばら撒き、サレンダーのLP投げ!もやってくれました。
けっこう真面目にギター弾いてくれていたし満足です。

 


ロビンは暑いのに革パンにレザージャケット(フェイクかな?)〜〜!で汗びっしょり(-_-;)
ロングヘアーを束ねて帽子を深くかぶるいつものスタイル!

瞳はステージ前の女子だか男子を見ているのか?

時々MCしてたけど、いつものようにサービス精神はないのよね〜!

ギターの弦が切れてむしり取ってステージ奥に投げていたけど、客席に投げてくれよ〜!

最前列の女子に汗拭いたタオル投げるとか?

手を伸ばして握手するとかしてくれれば、柵にしがみ付きながら始終ニコニコ熱い視線でロビンを見ていたお友達女史さんも握手できたのにな〜〜!

でもあの声と容姿は健在でした。

最後まで帽子は脱がなかったけどね・・・。


寡黙なトムはいい感じに歳を重ねており一番メンバー内でスリム。

時折見せる満面の笑顔が素敵でしたが、あの笑顔に心奪われる女子が多いんだなきっと!

12弦ベースを弾く姿を初めて観たけれども、まるでギターを弾くようなタッチで弾いてました。



ドラムのリックの息子は上手かった!
オヤジのバンドに入らなくてもリンゴスターの息子のザックのように他のバンドでも叩けると思うんだけど!

でも彼がいることで2時間のライブが観れるんだから感謝です。

 

個人的には80年の8月16日(土)JAPAN JAM2が懐かしい!

今で言う夏フェスのはしりです。

チープトリックが大トリで日本からは『勝手にシンドバッド』と『いとしのエリー』が大ヒットのサザンオールスターズ!(日曜日はRCサクセションでした)

横浜スタジアムのアリーナで雨が降りしきりみんなずぶ濡れ状態のなか、ロビンの『Gonna Raise Hell』の絶叫が横浜の夜空を突き抜けたのは今でも鮮明に覚えている。

その『Gonna Raise Hell』がまた聴けて、最高でした。

あの時のロビンは神がかってました!

そのボーカルが健在なんだから、少しくらい腹が出ていても、ハゲていて帽子脱がなくても許せますよね!

お金持っているんだからルーニーみたくするとかは大きなお世話か!



かなりお疲れのご様子の王子さま。。。


それと『Need Your Love』も個人的には初めてじゃないかな?

ロビンが『Need Your Love』時に最前列の女子に甘い視線を送っていたよね〜〜!

中盤から終盤にかけての『If You Want My Love 』〜『Stop This Game』〜『I Want You to Want Me』〜『Dream Police』〜『Surrender』の怒濤の流れは涙腺ウルウルでした。

大ハシャギしてノリまくる キーン〜コーン〜カーンコ〜〜ンの『Clock Strikes Ten』が無くて大爆発できなかったのが心残りでした。

名古屋では演奏したのにな〜〜?

個人的には名古屋のセトリの方が好きかな???

まあ、まだしばらくライブバンドとして現役を続けられそうだから次回に期待しろって事ですね!


終演後にお友達5人でと雑談をして余韻に浸ってから、ご一緒に観た女史さんが時間も制約があったので、帰ろうか?と渋谷駅に向かうと。。。。


ありゃ?


え???


リッ・・・・。


え〜〜!

リック!リック!リック!リック!

と連呼した俺をみて頭がおかしくなったのかな?と思われたようだがリック・ニールセン発見!


数人に囲まれて即席サイン会してました。

もちろん自分の番まで来ることもなく用意されていたワゴン車に乗ってお帰りになりました。

助手席には手を振るトムのお姿を発見!

 

そこに居た女性に聞いたらトムにもサインを頂けたようです。

これって初出待ち?

ロビンも来るかな?って待ってたけど、先に帰られたようでした。


ありがたいことに最前列から動画を取っている方がいました!
ご苦労様です。

< /p>

 

番外編

後ろ髪引かれる思いで見逃したエアロスミス

過去何度も一緒に行った友人曰く、過去最低なライブだということでした。

〆膿轡▲襯丱爐ら演奏曲なし
■嫁前とほぼセット同じ
B'zファンがマナー悪くて最低との話(私が言ったのではありませんよ〜!)
後で1曲ジョイントするの分かっているから、B'zが終わっても退かないで前に居座ったらしい。まあファンなんだから当たり前かと・・・。(笑)

でも、B'zファンのノリが凄くてアリーナがうねったらしい。
で、我らエアロファンはそれで体力消耗

い茲辰謄┘▲蹈好潺垢了にステージ前でお地蔵さんが大量発生!
B'zファンが曲を知らなすぎてノリが悪かったらしい(エアロファンも疲れて地蔵したんじゃないの?と友人に問うと笑ってた。。。)

イ弔い砲魯好謄ーブンの機嫌を損ねたらしい

エアロスミスはこの日本ツアーのあと休息に入るらしいけど、また日本に来てくれるでしょう。

AEROSMITH「AEROSONIC」千葉SET LIST
 01.Draw The Line
 02.Love In An Elevator
 03.Oh Yeah!
 04.Jaded
 05.Cryin'
 06.Last Child
 07.Livin On The Edge
 08.スティーヴン・タイラー独唱
 09.Mama Kin with B'z
 10.Combination
 11.I Don't Want To Miss A Thing
 12.No More No More
 13.What It Takes
 14.Come Together
 15.Dude (Looks Like A Lady)
 16.Mother Popcorn
 17.Walk This Way

(Encore)
 E1.Dream On
 E2.Sweet Emotion

| CHEAP TRICK | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Cheap Trick At 武道館 AGAIN!見てきました!
Cheap Trick At 武道館 AGAIN!最高でした!!
 
まだ私が小学生だったその昔、当時クラスの女の子の間ではBCRの人気が下火になりQueen・Kiss・AerosmithがML誌で人気がありまして、その頃の映画で「マットディロン」主演の「レベルポイント」の挿入歌として「サレンダー」「今夜は帰さない」が使用されていた。

そのハードな曲調とRickのギターとRobinのボーカルが格好良くて即ファンになりましたね。
 
それと当時片思いしてた女の子がQueenとCheap Trickが大好きで、休み時間にする洋楽話の輪に入りたくて好きになったって言うのもありましたが・・・。(不純?)
 
78年のat武道館から30周年と言うことで前回(2006)年の来日の際にRickがしきりに次は武道館で会おうと言ってましたね。
 
ただ、最近の動員を考えると集客的に無理では・・・?って見方が多く、招聘元もウドーでなくHIPになったのもウドーは興行的に契約に至らなかったなんて憶測も飛んだのは事実。
 
武道館の2階スタンドがガラガラなんて洒落にならんので武道館が一杯になることをただ祈るばかりでした。


前夜祭も開催され「I Want You To Want Me」「Surrender 」がアンプラグドで演奏されたそうです。
 
招待されたのは30年前のチケットを持ってる人中心に150名ご当選!元イエモンの吉井和哉も駆けつけて,
コメントしたらしいです。



 


席はアリーナのDブロック2列目の良席。普段は開演ギリギリに入場するのですが、なかなかこんな席はめったに座れないので、すこし早めに到着。着る機会のなさそうなTシャツとプログラムを購入して会場入り。

5時頃に正面のバルコニーにメンバーが現れたことをとなりの席の方に聞いた。


 


武道館はガキのころはデカイ会場に感じたけど今になると、横アリとかさいたまスパーアリーナとかデカイ会場に行きなれるととても狭くかんじる。
 
2階スタンドでも西とか東のスタンドでもステージが近くて見やすそう。 ステージにスクリーンがあり20分くらい上映してから開演だそうだ。 昔のライブ映像やPVが流されて会場の客電が暗転した。
 
「Alright Tokyo Are you Ready?」のコールで会場内総立ち!

 取っておきのオープニングナンバーの「Hello There 」! アリーナ総立ち!大声援!大盛り上がり!
 

王子さまのロビンは30年前を意識してか、白いスーツで決めている。


 


「Come On, Come On 」「Big Eyes 」「California Man」と再現曲が続くうちにリックはピックを飛ばしは飛ばす。


マイミクさんからCTのTシャツで目立てばかまってくれるはず。のアドバイスの通り、ジャンプして大盛り上がりしてる私を目がけてピックを「お前にやるよ!」ってな目で自分めがけて数度投げてくれて感激!
 
この時点で2まいゲット!この2枚はリックの指紋付ですな。

今回のピックは武道館特仕様でしたね。

「If You Want Want My Love 」は明るい曲調で大好きなナンバー!大きな声でみんな「フ〜」って歌ってましたね!

「Best Friend 」の選曲は?でした。

それなら「Need Your Love」とか演奏して欲しかったな!
 
「Downed 」「 I Want You To Want Me 」ではみんなで「クライン〜クライン〜クライン」と大合唱!
 
アリーナから振り返ってスタンドを見たら会場中か一体になっててメンバーもさぞかし気持ち良かったはずですね。
 
「I Know What I Want 」では太いフレームのめがねを掛けたトムのボーカルを聞けたのは久しぶり。

歌い終わってからトムが深々と頭を下げてましたね。

Tomコールに応えるように、しばらく頭を上げようとしないTom・・・。

きっとトムへの大歓声に感謝の意味だったのでしょう。

この日のトムは終始ニコニコ笑顔でRick側にも来て私たちオーディエンスの顔を覗き込むようにしてたのが印象的でした。

「Voices 」の間奏での「Your Voices~」の歌いっぷりには少々足りませんでしたがロビンとリックも歌ってくれた様子を見て「まあまあかな?」って表情をしてましたね〜。

「The Flame 」ではギターソロでリックのシャツの袖が弦に引っかかり一瞬弾けなくなるアクシデントがあったけど、私がリックに指さして煽ったら、お茶目なリックもニヤニヤして照れ笑いでした。
 

こんなアイコンタクトができてホントリックは良い人です。
 
「That 70's Songは米国では盛り上がるが日本では知名度はイマイチか?

そしてここで5ネックギターでリックの参上「Surrender」だ。え〜もうですか?と思いましたが、本日一番の大盛り上がり。


キッスのレコードを投げるのもオキマリ!

なんかレコードの周囲に加工がしてあるのようでした。

さすがに、そのまま投げたら危ないもんね。

ここで本編終了!まだ一時間くらいしかやってないよ〜。先生方!
 
アンコールの「Dream Police 」はリックのピックばら撒きタイム!

ステージのそでに行っては鷲掴みにしたピックをばら撒いてましたが、8割くらいはステージと柵の間に落ちてましたよ!リック先生!

でもここでしっかり2枚ゲットできました。
 
「Auf Wiedersehen 」
はキャチーな彼らの曲調とは異なりかなりハード。


トムのブンブン言わせるベースが最高!at武道館の映像ではベースのネックに千羽鶴を付けてましたが、今回も誰かプレゼントをしたのか3個トムのPAに下げられてましたね!
 
ここまでで大好きな曲が無いじゃないと心配してましたら来ました「キ〜ンコ〜ン カ〜ンコ〜ン」ジャジャジャジャ〜「Clock Strikes Ten 」だ!
 
ラストはきまり「Good Night 」!!!
 
バニーの巨大スティックがまさか登場するとは思いませんでした。

珍しくステージ前まで出てきてくれました。バーニーもきっと嬉かったんでしょう。
 
もっと演奏してくれるかと期待してましたが80分くらいでしたかここで終了!

シルバーみたいに3時間とは言いませんが2時間は期待してたのにいつもと同じでしたね

。それも彼ららしいですが・・・。
 
リックが何度も「My favorit vocalist in whole wide world」ってロビンに賛辞をしてました。
 
ホントにロビンのボーカルが好きなのでしょうね。
 
リックとオーディエンスとの「Yeah!」の掛け合いは何度もやってましたね!

武道館のみんなの大きな声「Yeah!!」も彼らの心に響いたことでしょう。

でもほんと「Voices」「Dream Police」を聞いたらマジで涙がでて視界がかすんだ・・・。

ライブで泣いたのはQueen+Pロジャース以来生涯2度目・・・。

誰かが書き込んでたけどほんと30年も現役でまたオリジナルで(途中抜けたが)続けてくれていてほんと4人には感謝です。

78年の武道館は見てないけど、今日彼らを見て思い出したのは90年の武道館ではなく、居るはずのトムがいない80年の横浜スタジアムだった。



みんなびしょ濡れになって・・・。



ロビンの声が横浜の夜空にこだまして、声が枯れるほどみんな大声援で応えた。
 


AGAIN!のこの夜もみんな声が枯れるほど声援してました。
 
今日ようやく借りを返してもらったような気がした。




80年の横浜もAGAINの武道館もなぜか冷たい雨でした。



でも今晩はピック4枚も取れたから許してあげましょう!ね!リック先生!

ノスタルジアに浸りながら30年前とクロスして見てたオールドファンもいたし、明らかに後追いの若いファンもいました。


会場では久しぶりに見に来て学生時代の友人と再会したり、CT仲間とオフ会的な再会をしてたり、ご夫婦で見に来てたり、大好きなので地方から単独参戦でも来ましたとか、子供をつれて自分が好きなバンドを子供に見せたくて、なんて色んな方がいたようです。
 

でもCheap Trickは先日のThe Policeとか再結成ライブではなく、現役です。

これからも、身体と気力が続く限り新譜をリリースしてライブをしに来日してくれるでしょう。
 
また来年戻ってくるってロビンの言葉を信じて今後もずっとファンでいたいですね。


 
また武道館でやって欲しいです。



At 武道館 AGAIN!セットリスト

01 Hello There
02 Come On, Come On
03 Big Eyes 〜MC
04 California Man 〜MC
05 If You Want Want My Love 〜MC
06 Best Friend
07 Downed
08 I Want You To Want Me 〜MC
09 TOM solo〜I Know What I Want
10 Voices
11 High Roller
12 The Flame 〜MC
13 That 70's Song
14 Surrender Encore
15 Dream Police
16 Auf Wiedersehen
17 Clock Strikes Ten
18 Good Night

2008/4/24(木)日本武道館にて

 ナイスでしたらポチってよろしく!励みになります。
 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
| CHEAP TRICK | 08:55 | comments(9) | trackbacks(0) |
Cheap Trick at 武道館AGAIN!
Cheap Trick at 武道館AGAIN!



今年は1月のBON JOVI、2月はThe PoliceにIron Maidenと往年の80年〜90年代に洋楽にはまった私としては良いペースで好きなバンドが来日しライブに参戦してますが、次のターゲットは77年にデビューしたCHEAP TRICKになりそう。

<CHEAP TRICK 30 YEARS ANNIVERSARY SPECIAL CONCERT>
【Cheap Trick at 武道館AGAIN!】
2008年4月24日(木)
日本武道館 開場18:00 開演19:00

BARKS-NEWSより
「チープ・トリックの人気が日本から世界へ飛び火していくきっかけとなったのが1978年の武道館公演。その30年目となる2008年4月、一度きりの再演が行なわれる。
30年前のほぼ同じ時期の4月24日に、同じ武道館で、なんと“同じセットリスト”で公演が行なわれるというから、想像するだけで景色がにじんでしまう。ううっ。」

チープ・トリック - Cheap Trick (1977)
蒼ざめたハイウェイ - In Color (1977)
天国の罠 - Heaven Tonight (1978)
の3枚をリリース後に来日した日本武道館のライブは「At Budokan」として1978年に日本独自の企画で発売され、それが本国で評判になり日本から米国に逆輸入された。その後全米でもリリースされ結局400万枚の大ヒットになった。

チープ・トリックはモチロン日本武道館の名も世界に知れ渡ったのは有名な話ですね。

At Budokan
At Budokan
Cheap Trick

このライブはまだ私は、中坊だったのでモチロン見に行ってませんが、30周年記念の武道館は楽しみにしてる往年のファンが、ぜひ武道館をSOLD OUTにして欲しい。

ライブ盤で聞ける黄色い声援を送っていた女の子達は、当時17歳としても現在は47歳か!
40歳後半から50歳台のおば様方が多数いらっしゃるのだろうか?

そんな自分もおじさまだけど・・・。

前回の来日(2006年)の時は新宿厚生年金ホールの7列目で見れたんで最高でした。
でもリックの投げたピックはゲットできなかったので、今回は気合を入れてチケットをぴあとHIPのダブルで先行予約しました。

しかし、どちらもアリーナは取れなかった。

主催者枠のHIPなんか2階スタンドの糞席でやんの!(下品ですいません)

ほんと「ぴあ」や「イープラス」で良い席が来たためしが無いです。

アリーナと2階スタンド南西が同じS席で同じ金額なんて???

ストーンズやポリスみたいにプレミア席やゴールデンサークル席で高い金額設定にして欲しいな!米国はもう当たり前らしいし。

ヤフオクでアリーナ席検索したらEかFの正面ブロックの最前列が72,000円で競り落とされてたが、8,000円のチケットを72,000円で売る方も買う方もほんと???。

2006年の厚生年金の公演で気になったんだけど、ほんと自分もオヤジだけどそれ以上の年齢層でびっくり。
また同窓会のような感じになるのかな?ほんと年齢層が高かった。
それでも盛り上げてくれればいいのだが、見れただけで満足みたいな方が多かったな〜。そんな中で一人で盛り上がって狂喜乱舞して浮いてたのは自分です。

名曲「I WANT YOU TO WANT ME」(甘い罠)では、当時から日本のアイドルのライブでおきまりでディレイ部を繰り返す『cryin'!cryin'!cryin'!』と合唱するのが日本ではお決まり。
「At Budokan」でも聞けますが、厚生年金会館でも期待してたんだけど「cryin'!cryin'!cryin'!」とその部分を合唱する人が少なくて、少し寂しかったな〜。

その後の「Voices」の間奏部のコーラスの合唱もほとんどの人が唄わなくてリック・ニールセンもがっかりしてたように見えました。本国アメリカでは観客にまかせるパートだもんね!

最近行ったライブではStones.U2.Bon Jovi.Iron Maiden.Guns.The Policeではみんな良く歌詞を覚えてて唄うもんね。特に若い方はほんと歌詞完璧に覚えてくる。

でぜひ「At Budokan」絶叫してた女子達!4月24日の武道館では当時のように会場を満席にして、ロビン、リック、トム 、バニーの4人を脅かせて下さいな!

自分も負けないように予習します。
先日、西新宿のブート屋で1978年の日本武道館公演のDVDを発見し購入して来ました。
これで予習は完璧です。



【Cheap Trick at 武道館AGAIN!】のコンサートも、

「Allright TOKYO!! Are You Ready?」

のオープニングコールのあと「Hello There」から始まるらしい!!!

なんか想像しただけで、幸せ!生きてて良かった!ってかんじ。(単純?)

みなさん、当日はハジケチャイましょう!


ミンナ ブドウカン キテネー リック談


「I WANT YOU TO WANT ME」(甘い罠)1978年At Budoukan

ロビン・ザンダー(Robin Zander) - ボーカル
リック・ニールセン(Rick Nielsen) - ギター
トム・ピーターソン(Tom Petersson) - ベース 
バン・E・カルロス(Bun E. Carlos) - ドラムス

アルバム
チープ・トリック - Cheap Trick (1977)
日本で人気が発火!
蒼ざめたハイウェイ - In Color (1977)
シングル「今夜は帰さない」で、日本で大ブレイク。
天国の罠 - Heaven Tonight (1978)

at 武道館 - At Budokan (1978)
ドリーム・ポリス - Dream Police (1979)
デイ・トリッパー - Found All The Parts (1980)
オール・シュック・アップ - All Shook Up (1980) トム脱退
JAPAN JAM2/横浜スタジアム公演(1980)に行きました。
ワン・オン・ワン - One On One (1982)
ネクスト・ポジション・プリーズ - Next Position Please (1983)
スタンディング・ジ・オン・エッジ - Standing On The Edge (1985)
ザ・ドクター - The Doctor (1986)
永遠の愛の炎 - Lap Of Luxury (1987)トム復帰作
バステッド - Busted (1990)
日本武道館公演(1990.10.3)2回目の参戦
at 武道館II - Budokan II(1993)
蒼い衝動 - Woke Up With A Monster (1994)
チープ・トリック - Cheap Trick (1997)
スペシャル・ワン - Special One (2003)
ロックフォード - Rockford (2006)
新宿厚生年金会館公演(2006.10.17)で3回目参戦

【Cheap Trick at 武道館AGAIN!】
2008年4月24日(木)日本武道館 で4回目の参戦予定


ナイスでしたらポチってよろしく!励みになります。
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ


| CHEAP TRICK | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
CHEAP TRICK Japan Jam 2
1980年Japan Jam2 日本公演パンフ・チケット
Heaven Tonight
Heaven Tonight
Cheap Trick
1980年8月16日(土)チープトリックの3回目の来日公演が横浜スタジアムで、今は当たり前だが、当時は珍しかった夏フェスとして行われた。アリーナ32列目でSS席4300円でした。安かったですね。

有名になったat武道館が78年で、79年ドリームポリスが大ヒットして、私個人的に人生3度目のライブが80年のJapan Jam2でした。

夏フェスだが現在のフェスと比べると登場バンドは少なかった。
スペクトラム〜カラパナ〜アトランタリズムセクション〜サザンオールスターズ〜チープトリックと5バンドでした。翌日の2日目はRCサクセションが出たらしい。また関西方面は六甲山スキー場が会場だった。
CTとサザン以外は興味なしでしたが、サザンはさすが27年前でも桑田さんは盛り上げ上手で勝手にシンドバッドが凄かった。スタンドに固まっていたチープトリック目当ての外人部落を完全に味方に付けてた。

CTが始まる頃には雨が降ってきてアリーナは皆びしょ濡れ状態。

オープニングがHello Thereで2曲目がClockstrikes Ten〜中盤でどしゃぶりの雨の中のGonna Raize Hellがまた圧巻でした。
ロビンサンダーの声量があれ程とは?と感心しつつゴナレイズヘ〜〜〜ルのソロがスタジアムを揺らすほどだったのを強烈に記憶してます。

そして大ヒットしました、Dream PoliceからVoices〜定番のI Want You To Want Meでの女の子の絶叫!Surrenderそしてアンコールはドリームポリスでした。

でもこのライブは問題でした。ベースのトムが脱退したらしく来てなかったらしい、脱退を発表したのは、帰国してからで開演前には何も知らされず、みんな目の前でベースを弾いているのはトムだと思ってた。
あとで知ったがピ−ターコミッタという人がステージに立っていたらしい・・・。
今とはかなり性能が落ちる単色のオーロラビジョンで映ってたが髪形も意識して同じにしてたのか、全く別人とは気が付かなかった。(あとで少し変だと思ったのはベースをあまり映して無かったもんね。)

初CTがオリジナルメンバーでなかったのは、災難でしたが良いライブでした。

日本公演セットリスト(8月16日横浜スタジアム)
1. Hello There
2. Clock Strikes Ten /今夜は帰さない
3. I'll Be With You Tonight
4. Southern Girls
5. California Man
6. Good Girl
7. On Top Of The World
8. Can't Hold On
9. Everything Works If You Let It
10. Gonna Raise Hell (cut out)
11. Day Tripper (cut in)
12. Voices
13. Ain't That A Shame
14. I Want You To Want Me /甘い罠
15. Surrender

16. Dream Police
17. Hello There

Robin Zander - Lead Vocals, Rhythm Guitar
Rick Nielsen - Lead Guitar, Vocals
Bun E. Carlos - Drums
Pete Comita - Bass, Vocals

CT誌上ライブML誌より


Cheap Trick at武道館


<次回予告>1980年10月30日 THE CARS 中野サンプラザホールかな!
| CHEAP TRICK | 00:28 | comments(4) | trackbacks(0) |