ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ROD STEWART ROCKS HIS GREATEST HITS JAPAN TOUR 2009.03.11

〈ROD STEWART ROCKS HIS GREATEST HITS JAPAN TOUR 2009〉
3月9日(月)大阪城ホール
3月11日(水)日本武道館
3月12日(木)日本武道館
3月14日(土)さいたまスーパーアリーナ
料金:SS¥16,000、S¥13,000、A¥10,000、B¥7,000
招聘元 H.I.P.
 
9日に東京国際フォーラムでJourney にえらく感動したのも束の間、その余韻に浸る間も無く行ってきました。
ライブ会場としては大好きな、Rockの聖地、日本武道館!Rod Stewartのライブです。

Rod Stewartの来日公演は13年ぶりだそうですが、個人的には1981年5月8日&13日の同じく日本武道館で観て以来です。
なんと!28年ぶりになります。(爆)
最近はこんなのばっかりですね!
Rod は今年で64歳ですから、当時は36歳のRod でしたか?

う〜ん、俺も歳を取ったわけだ!

先日競演ライブを見たJEFF BECK(1944年生まれ)とERIC CLAPTON(1945年生まれ)そして3大ギターリストのJimmy Page(1944年生まれ)とRod Stewartは同年代ですね。


ジェフ・べック・グループやフェイセズといった伝説的バンドでリード・ヴォーカルを務め、ソロとしても数々のヒットを放ってきたロック界最高峰シンガー、ロッド・スチュワート。
ツアー・タイトル通り、ロック史に輝くヒット曲とともに、自身の40年以上にわたるキャリアを振り返るステージとなりました。

チケット料金がSS席16,000円とかなり高額で、このSS席は1階や2階スタンドでもSS席だそうで、では、S席、A席、B席は何処なの?って感じ!
でも2階スタンドの天辺まで満席の会場の客層は40歳〜70歳代くらいまで!みなさん、どう見ても自分より年上でした。(笑)
あちこちで久しぶりに友人と再会したような同窓会的な話が聞こえたね!
白髪の紳士達が、「おう、久しぶり!今日は最高のライブにするぜ!」って会話が・・・。みんなRod Stewartを待ってたようです。

招聘元のH.I.P.はやってくれました!いい席くれました!
自分の席はA5ブロック(ステージ中央)の4列目!ステージのロッドのマイクスタンドがすぐ目の前に立ってました。
ステージからドラムセットやキーボードがすべて真っ白!
ドラムセットのバスドラにもセルティックのロゴ入りでした。
サッカーは中村俊輔で有名な、スコットランドリーグのセルティックFCの熱狂的サポーターであるRod Stewartですが、ステージの床にセルティックFCのロゴマークが描かれていると聞いてましたので、わざわざ1階スタンドまで移動して確認もしてきましたよ!
開演前のSEもセルティックのサポーターズソングだったそうです。
Rod は本当に好きなんですね!


19時を過ぎると会場内BGMが変わり、ステージ後ろに設置されたスクリーンに、映画館のように本編前の予告的な映像が流れて、会場の観客の気分を盛り上げます。
その直後にRod Stewartの登場です!

みんな高齢のファンだけど立つのか心配でした。
でもRod Stewartが登場したらアリーナ総立ちでお出迎え!
先日のJEFF BECK&ERIC CLAPTONの着席ライブではありませんでしたよ!じゅんべさん!!!

一曲目の“Some Guys Have All the Luck”で早くもみんな手拍子で大盛り上がり!!
“It’s a Heartache”〜“This Old Heart of Mine”
初日では演奏しなかった、“おまえにヒート・アップ/Infatuation ”も嬉しい!
“今夜きめよう/Tonight's The Night ”など70年代〜80年代のヒット曲連発!!
みんな待ってたGREATEST HITS のオンパレード!!!

本日のサプライズは、なんと1985年にリリースされたJEFF BECKのアルバム「フラッシュ (Flash)」に収録され、JEFFとRod の共演で話題になったスローバラード“People Get Ready ”を歌ってくれました。
これ、大阪では演奏してませんでしたし、もちろん先日のJEFF BECKの単独公演でもやりません。最高のプレゼントでした。

今回の来日には、年の離れたモデルの奥様と21歳の前妻の娘さんも同行してましたが、21歳の娘さんも2曲ほどステージで歌ってくれました。
詳しくは知りませんが、デビューしてるのか?これからデビューするのでしょうか?
ロッドの21歳の娘はスレンダーでブロンドの美人さんでしたね。

Ruby Stewart(ロッドの娘さん)は“Son of a Preacher Man”〜“Rescue Me”を歌いましたが、まあまあかな〜!
最近アメリカで売れてる感じのセクシー路線ではないですね〜!
でも娘のRubyについてはこの後サプライズがありました。

前半はThe Great American songbookや再びロックに戻ったGreat Rock Classics Of Our Timeからの選曲が中心で休憩まえに
Creedence Clearwater Revivalの“Have You Ever Seen the Rain / 雨を見たかい?”を歌ってくれたけど、この曲は自分がバンドでベースを弾いてたころにカバーしてた懐かしい曲!
歌詞も覚えてたので、サビの部分をロッドが歌わせるので、思いっきり歌わせてもらいましたよ!

10分間のINTERMISSIONがありましたね!
ロッドも64歳です。休憩も必要ですね。お客さんも!

休憩後は70年代後半から80年代の名曲!大ヒット曲の連発でしたね〜!
Sweet Little Rock'n Roller
燃えろ青春/Young Turks
胸につのる想い/You're in My Heart
もう話したくない/ I Don't Wanna Talk about It
この辺はあえて邦題が先に来ますね!“胸につのる想い”なんて良い邦題です。



後半でしたか?アリーナA5とA6の通路を最前列の柵前にブロンドで長身の外人女性2人が、デジカメ片手に来て撮影をしてました。
ずいぶんとズルイ外人だな〜!セキュリティは注意しないし!

と思ってたら、びっくり!!!
先ほどまでステージで歌ってたロッドの娘のRubyと奥様が出現!!
しばらく最前列の柵前で見てました!
それに気付いた観客も驚き、記念にでしょうか?娘のRubyと記念撮影してましたね!

しばらくして、スタッフに呼ばれて戻る際に、私も便乗して、娘のRubyに一言!!
いい声ですね!握手して下さい!と声かけたらにっこり笑顔で握手してくれました。
もう一発で俺のハートは撃ち抜かれた!
俺の発音でも通じるのね!まあ大した英語では無いけどね!(爆)

“Hot Legs”ではお決まりのサイン入りのサッカーボールを次々に観客席に蹴り込んでましたね!
1階スタンド席まで届いてました。28年前の時は2階スタンドまで飛んでましたから、少しは脚力が衰えたでしょうか?
残念でしたが、ボールはゲットできませんでしたね!
でも終演後にゲットされた方にみんな群がって記念撮影してまして自分も便乗!

“Maggie May”
“Do Ya Think I’m Sexy”の2曲はもちろん大盛り上がり!

アンコールの“Sailing”ではスクリーンに豪華客船が港を出る風景が映し出され“Sailing”を盛り上げてくれます。
その夜一番の大合唱が武道館全体におこりましたね!
81年の時より多分大きな合唱の“Sailing”だったことでしょう!

たっぷりと2時間ものステージでした。
最近のライブでは体験したことのないような充実感を感じた。

自分の席のブロック最前列はセルティックFCのレプリカユニフォームを着た外人さん3〜4人が陣取ってましたが、彼らを見つけたRod は嬉しそうに何度もアイコンタクトしてました。
彼らが、ステージで歌うRod を背にして記念写真を撮ろうとしたら、それに気ついたロッドはわざわざしゃがんで写真の中に入ろうとする仕草を見せたりしてサービス満点!


よく話してくれたMCはジョーク満載!
ジェスチャーでもおどけてみたり、あれは愛犬なのか?寝ているはずの犬が寝ぼけてる様子をスクリーンに映して会場から笑いをとったりと絶えず観客を楽しませる姿勢は敬服しました。

ロッドもバンドも武道館の初日には大満足だったようで、「13年前とは大違いだ!」とロッドもご満悦だったそうです!

以前の日本公演では観客のノリが悪いと言ってオカンムリ!
お決まりの“Do Ya Think I’m Sexy”や“Sailing”を歌わないで帰ったこともあって、もう日本へは来ないだろうと言われてました。そうファンの間ではね!

ロッドも歳を取ってまるくなったし、日本の観客もライブでの楽しみ方も心得てきたのでしょうね!
アリーナは初めから総立ちでしたが、スタンド席は終盤まで座ってたようでしたが、一人でも立って見ている女性ファンやサラリーマン男性らが気持ち良さそうに身体全身でノッテましたね!

アリーナ最前列を陣取ったセルティックFCのレプリカユニフォームを着た外人さん達が、ステージをバックに記念撮影をしたり、大ノリして騒いでいる行為などは他のライブでは迷惑に映るかもしれません。
でも、ロッドのライブでは、あっ〜!楽しそう!
海外のライブではこんな光景よく見るな!

まわりの日本人もステージを撮影したり、手拍子したり、大声で歌ったり、それぞれがロッドのライブを楽しもう!昔から聞いていたロッドの歌を楽しもう!
そんな観客が大勢詰め掛けた。そんな感じのアットホームな大入り武道館の初日でした。

先日のJEFF BECK×ERIC CLAPTONの競演ライブとはずいぶん違ったな!

JEFF BECKは観客を乗せようと頑張ってたけど、ERIC CLAPTONはそんなアクション無かったし、ロッドと両方ライブに行った人が多いはずでしたが、Rod Stewartの方が盛り上がって楽しかったと仰る方が多かったようです。
それは、アーチストの姿勢でずいぶん変わるものだと痛感しました。

極上のロックンロール・エンターテイメント・ショウを見せてもらいました!
まるで、日本武道館が海外でのライブ会場になったような2時間でした。

<ツアーパンフより転記>
不良のパブロッカーから、都会的なバラード歌手へ。ソウルマン、フォークロックの吟遊詩人、そしてロックンロールシャウター。
Rod Stewartは幾度と無く音とスタイルを変えてきた。しかし変わらないものがひとつある。
それは、彼の歌の持つパワーだ。 40年前から現在まで、その真実は変わらない!

まさに、これですね!
ロッド!いつまでも歌い続けてね!

<今回のライブはデジカメ、フラッシュ無しであれば撮影OKのアナウンスがありましたので少々撮影してきました>


3/11日本武道館 セットリスト / Set List

The Rodfather
Some Guys Have All the Luck / サム・ガイズ
It's a Heartache
This Old Heart of Mine / ジス・オールド・ハート・オブ・マイン
Infatuation / おまえにヒート・アップ(インファチュエーション)
Having a Party
Rhythm of My Heart / リズム・オブ・マイ・ハート
Downtown Train (inc. Drum solo) / ダウンタウン・トレイン
The First Cut Is the Deepest / さびしき丘
Tonight's The Night / 今夜きめよう
People Get Ready / ピープル・ゲット・レディー
ロッドの娘さん(Ruby Stewart)の歌 2曲
Son of a Preacher Man
Rescue Me
Have You Ever Seen the Rain / 雨を見たかい?

休憩 10分

Sweet Little Rock'n Roller / スウィート・リトル・ロックンローラー
Twistin' the Night Away
Yong Turks / 燃えろ青春
You're in My Heart / 胸につのる想い
Have I Told You Lately / ハブ・アイ・トールド・ユー・トールド・ユー
I Don't Wanna Talk about It / もう話したくない
バンドの女性が1曲 Proud Mary
Hot Legs / ホット・レッグス
Maggie May / マギー・メイ
Da Ya Think I'm Sexy? / アイム・セクシー
(アンコール)
Sailing / セイリング

Rod Stewart's daughter/ Ruby Stewart ~ Son of a Preacher Man

Rod Stewart/Da Ya Think I'm Sexy?


Rod Stewart/Maggie May

Rod Stewart/Sailing
| Rod Stewart | 09:01 | comments(7) | trackbacks(4) |