ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
HANOI ROCKS @ 赤坂BLITZ 2009/3/16

しばらく前に、HANOI ROCKSの解散ライブを赤坂BLITZで見てきました!
書きかけのままで、アップ出来ずに今日まで・・・。


バンドの公式HPによると、マイケル・モンローとアンディ・マッコイはこのバンドでできることを成し遂げられたと考えており、別々の道を進むこと決意!したそう。
最後にバンドを愛してくれた日本のファンのためにツアーを組んでくれた。

名曲『Tragedy』や『Malibu Beach Nightmare』、そして『Don't You Ever Leave Me』が最後に聞きたくて・・・。


3月は年度末の上に会社も決算で超多忙!

その上 JOURNEYやRod Stewartと重なって仕事にしわ寄せがでてました。

会社を半休して赤坂BLITZに駆けつける予定でしたが、その日に限って商談が重なりまして、会社を出たのが、17時40分過ぎ!
16時開場まで20分しかな〜い!

せっかくいい番号だったのに〜!

そんな事は言ってられません!家から赤坂BLITZまでは、遠いんです!!!


赤坂BLITZに着いたのはもう開演時間が過ぎてました。

まあ仕方ない、初めの1〜2曲は諦めるか!

『Fashion』に間に合えばいいやと思い会場に入ったら・・・・。



あれ・・・これって・・・もしかして・・・・。




『Tragedy』・・・。(冷汗)




それも『Tragedy』のエンディングだけしか聞けんかった!!

なんでアンコール前に演奏するはずの『Tragedy』をもうやってしまったの〜!
これ、聞きに来たのに〜〜〜!!!


失意のあと、すぐさま『Malibu Beach Nightmare』〜『Motorvatin'』へ!
80年代の代表曲からスタートでしたか?(苦笑)


マイケル・モンローって何歳でしたっけ?
マイケルはギラギラのスパンコールをあしらった黒の革ジャンで、派手派手!
スケスケの紫色のジャケットに衣装変えしたり、定番のキラキラストールも華やかでした。全く衰えてませんね!

マイケルはあんなにお茶目だとは思いませんでした。

ペットボトルを配ってみたり、ステージ横のスピーカーに寝そべって歌ったり、キラキラストールをマイクシールドに絡ませたり(笑)、ステージ最前列にいた車椅子のファンに気を使い、握手もしているようでした。

往年の80年代の曲だけでなく、巧みに盛り込んでいる再結成後の楽曲もストレートなハード・ロック的曲で最前列付近は大盛り上がり!

遅刻してステージサイドの出入り口付近で大人しく見ていましたが、少しずつ中央且つマイケルに近づきたくて移動!!

最前列から10列くらいは激しいファンでその後ろには危険地域をさけた女性ゾーンができてましたね。
丁度そのゾーンの後ろに柵があったので、それ以上前には行けませんでしたがマイケルとマッコイが近くで見れて最高でした。

アンディが薔薇の花を配るのに忙しいマイケルの代わりに『Don't you ever leave me』の初めを歌ってましたね!
あんなに丁寧に薔薇の花を配るのは、彼の性格でしょうか?
薔薇が似合うのはマイケルモンローだけでしょうね!


日本最終日は、2時間を超えた大盤振る舞いで、とにかくすごいパワーでした。

凄まじいほど華のあるマイケルの存在感は、これまで見てきたアーチストの中でも群を抜いていたね。

アンコールのときでしたか?マイケルとアンディが抱き合う光景が眩しかった。

ラストライブと言う事で、これで終わりなんだ・・・。そんな感傷的な気持ちより爽やかさが漂うステージでした。

HANOI ROCKSオフィシャルステイトメントは、「2009年の春に日本をフェアウェル・ツアーで回り、その直後に80年代に彼らがキャリアをスタートさせたフィンランド・ヘルシンキの伝説的なクラブ『タヴァスティア・クラブ』で数回のショウを行い、すべてを終わりとさせることにしています」と発表している。

日本公演のラストナイトであったこの赤坂BLITZ 、ラストナンバー『Up Around The Bend』を演奏し終えた時、マイケルモンローは感傷に浸ることなく日本のファンに感謝していた。

僕らファンもラストナイトであるような感傷的な掛け声でなく、ラストナイトのライブの内容に満足した様子でマイケル以下メンバーに賛辞を送っていたようだ。


最後までステージに残ったマイケルは日本のファンに言ってくれた。

Thank you.
I love you.
God bless you!

See you Again!!

そう!
See you Again!!って叫んでましたね!

『Don't you ever leave me』が聞けて最高でした。
でも、最悪の遅刻で『Tragedy』を聞きはぐった・・・・。

マイケルのSee you Again!!はどんな形で実現されるのか???

でも宿題が出来てしまったな〜!

『Tragedy』聞きに次回に期待します。

Hanoi Rocks - Tragedy






2009.3.16 - 赤坂BLITZ , 東京

1.Tragedy
2.Malibu Beach Nightmare
3.Motorvatin'
4.Boulevard Of Broken Dreams
5.Street Poetry
6.Fashion
7.Gypsy Boots
8.Until I Get You
9.Obscured
10.Hypermobile
11.Highwired
12.Power Of Persuasion
13.Whatcha Want
14.Cafe Avenue
15.Self Destruction Blues
16.Back to Mystery City
17.A Day Late, A Dollar Short
18.I Can't Get It
19.Worldshaker
20.Cheyenne
21.Don't You Ever Leave Me
22.Delirious
23.Problem Child
24.11th Street Kids
25.High School
26.Oriental Beat
〜Encore〜
27.This One's For Rock'N Roll
28.People Like Me
29.Taxi Driver
30.Up Around The Bend


*会場内とブリッツの画像はネット上で拾ってきたものです。
| HANOI ROCKS | 01:05 | comments(6) | trackbacks(0) |
HANOI ROCKS FAREWELL TOUR


HANOI ROCKが解散ツアーをするんだそうです。

マイケル・モンローとアンディ・マッコイの産みだす、グルーブ感が売りのB級ロック。

本当はA級なんだけど、どこかで聞いたことあるフレーズだったり、ギターのリフだったりでも、 Hanoi Rocks の「Tragedy」や「 Malibu Beach Nightmare」は名曲だな〜!

「Tragedy」のアンディ・マッコイのリフを聞くとゾクゾクしますね。
このグルーブ感がもう聞けなくなると思うと、ライブに行きたくなりますね!

FAREWELL TOURと聞くと行きたくなるのが性でしょうか?
ラストライブと言えば過去には、Thin Lizzyとか山口百恵とか行ったな。(古過ぎ?)

でも、3月はオアシスにロッド・スチュワート、4月初めにはポール・ウエラーだしな・・・。(笑)

ハノイの東京は、3/13(金)の川崎 CLUB CITTA’か〜!行ける日程だな!
でも、行きたいけど、家族には、とてもではないが、言えない! 
嫁に何を言われるか!(爆)

でもyou tube見たら行きたくなりました。
HANOI ROCK、特にマイケル・モンローはGunz N' Roses のAxlやら、いろんなバンドに多大な影響を与えてるからね。

Hanoi Rocks-Tragedy~Malibu Beach Nightmare(live)


HANOI ROCKS FAREWELL TOUR IN JAPAN 2009
以下Creativeman HPより転記
 ハノイ解散!!
“SUMMER SONIC 02”、
“LOUD PARK 07”にも出演した
フィンランドの至宝ロック・バンド=
ハノイ・ロックスが解散を表明!!
80年代より活躍していた彼らの
フェアウェル・ツアーが決定!
最後の雄姿を目に焼き付けろ!

3/8(日)東京 新木場STUDIO COAST
Special guest: WEDNESDAY 13
OPEN 16:00 / START 17:00
TICKET ¥7,350- (税込/All Standing/1Drink別)
INFO:Creativeman 03-3462-6969
チケット一般発売:1/10(土)10:00am〜

3/10(火)福岡 DRUM LOGOS
Special guest: WEDNESDAY 13
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥7,350- (税込/All Standing/1Drink別)
INFO:キョードー西日本 092-714-0159
チケット一般発売:調整中

3/11(水)大阪 なんばHATCH
Special guest: WEDNESDAY 13
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥7,350- (税込/Standing/1Drink別)
INFO:キョードーチケットセンター 06-7732-8888
チケット一般発売:調整中

3/12(木)名古屋 DIAMOND HALL
Special guest: WEDNESDAY 13
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥7,350- (税込/All Standing/1Drink別)
INFO:SMCプラザ 052-265-2666
チケット一般発売:調整中

3/13(金)川崎 CLUB CITTA’
Special guest: WEDNESDAY 13
OPEN 18:00 / START 19:00
TICKET ¥7,350- (税込/All Standing/1Drink別)
INFO:Creativeman 03-3462-6969
チケット一般発売:1/10(土)10:00am〜

3/15(日)仙台 Zepp Sendai
Special guest: WEDNESDAY 13
OPEN 16:00 / START 17:00
TICKET ¥7,350- (税込/Standing/1Drink別)
INFO:キョードー東北 022-296-8888

■ホームページに掲載されたステイトメント
ハノイ・ロックスは2008年末をもってバンドを解散させることを決意しました。マイケル・モンローとアンディ・マッコイはこのバンドでできることを成し遂げられたと考えており、別々の道を進むことを願っています。
ハロウィーンの日から始まるUKツアーをはじめすでにアナウンスされている活動に関しては予定通り行われることになっています。
さらにバンドは2009年の春に日本をフェアウェル・ツアーでまわり、その直後に80年代に彼らがキャリアをスタートさせたフィンランド、ヘルシンキの伝説的なクラブ『タヴァスティア・クラブ』で数回のショウを行いすべてを終わりとさせることにしています。
ハノイ・ロックスはフィンランドでは11月26日、日本では12月17日にそのキャリアを総括した2CDベスト・アルバム「THIS ONE'S FOR ROCK'N'ROLL - THE BEST OF HANOI ROCKS 1980-2008」をリリースします。
バンドはバンドを愛しサポートし続けてくれたファンや一緒に働いてきたスタッフに感謝の意を伝えたいと思っています。
| HANOI ROCKS | 23:31 | comments(2) | trackbacks(0) |