ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
「EXTREME」カバーバンドLive!告知

今日は、 「EXTREME」カバーバンドのLiveの告知です。

感動の「EXTREME」再結成LIVEから約1年・・・
ハードロックの聖地?、浦和に日本のNunoが降り立ちます。

「softcream」LIVE
G .SHIN
B .Mac
D .Sasurai
Vo.yuuichi

2009/11/28(sat) 北浦和Ayers(エアーズ)
Open 17:30
Play 18:00
ハードロックイベント
全4〜5バンド出演予定(他はみんなオリジナルみたいです)

「softcream」さんの出演順はまだ未定のようです。

前売り¥1600(1ドリンク込み)
当日 ¥2100(1ドリンク込み)
前売りをご希望の方はまだ用意できるかも、早めにご連絡下さい。

北浦和Ayers(エアーズ)
http://www.spirits-jp.com/ayers/ayersaccess.htm


メンバーのSHIN さんMacさんSasuraiさんは、元プロの実力派だそうです。

経歴(Macさんのプロフィールより)
インディーズレーベルより
CD2枚 LIVE VIDEO発売
全国ツアー 5回
日清パワーステーションワンマン
渋谷O-WESTワンマン
クラブチッタ ワンマン
3年半在籍し脱退

そしてG担当のSHINさんは前回の「EXTREME」来日公演で、日本へ来る前にSHIN さんが演奏するExtremeの『Star』をyou tubeでNunoとゲイリーが観て凄く気に入ってくれたらしく Extremeのマネージャーさんから『Nunoが12月の日本のツアーにSHINを招待したい!』と日本公演に招待されて、バックステージまで呼ばれた方です。

Nunoも認める日本のNuno Bettencourtが、メンバーのSHIN さんです。

本物に認めれれるほどの実力がある証拠ですね。



これは私がEXTREME日本公演終了後にバックステージのミーグリでメンバーから頂いたサインとセットリストです。

わたしとSHINさんMacさんとミクシィでの出会いは、たしか昨年のMSGの来日公演の日記を検索してて遭遇して以来でしょうか?

「IRON MAIDEN祭り」「EXTREME祭り」「神祭り」と称してそれぞれのバンドのカバープレイの動画を配信してくれて、朝方までSHIN さんとMacさんの動画を堪能してました。
年代的にも近いようで、彼らの好きなバンドは、MSG ・IRON MAIDEN ・EXTREME ・MR BIG ・OZZY OSBOURNE ・BON JOVI ・DURAN DURAN ・VAN HALEN ・QUEEN ・U2 ・UFO など・・・。
洋楽雑誌の「MUSIC LIFE」で育った、お二人の趣味は自分とぴったり!

そんなお二人のプレイをぜひ生で見たいな〜!と熱望しておりましたが、ついに11/28(sat)北浦和Ayers(エアーズ) にてお披露目されます。

「Extreme」のカバーは今回が最初で最後かもしれません 。
今回を逃すと次回は何時あるのかも、分かりません。

わたしも18年ぶりの小学校の同窓会が、なんと同じ日になってしまいましたが、同窓会を蹴って「softcream」さんのライブに参戦決定しました。(これは関係ないか?)

もし、行きたいな〜!なんて方が居りましたら、ご連絡くだされば、ご案内いたしま〜す。

お二人のプレイ動画もご紹介いたします。
下記以外にも多数you tubeにありますので、興味のある方はご覧になってください。

『Saudades de Rock』 STAR Extreme



Hallowed Be Thy Name IRON MAIDEN

| EXTREME | 13:10 | comments(2) | trackbacks(0) |
Extreme @ 渋谷C.C.Lemonホール12/05/08 (Fri)Live&Meet&Greet レポート


Extreme @ 渋谷C.C.Lemonホール12/05/08 (Fri)Live&Meet&Greet レポート

セットリストはこちら!
12/05/08 Tokyo, Japan Shibuya C.C Lemon Hall

Comfortably Dumb
Decadence Dance
Rest In Peace
Star
Tell Me Something I Don't Know
Trasic Comic
Kid Ego/Little Girls/Teacher's Pet Medley
Play With Me
Learn To Love
Midnight Express
More Than Words
Ghost
Cupid's Dead
Take Us Alive
Flight of The Wounded Bumble Bee
Get The Funk Out
-------
Am I Ever Gonna Change
Hole Hearted

12月5日のExtreme 東京追加公演から暫らく経ちましたが、今頃のレポートになってしまってスイマセン!

日本公演の最終日の広島はALSOKホールでは、Queenのメドレーを演奏したらしい!羨ましい!!
東京では演奏しませんでしたから・・・。

さあ、まずは簡単にLiveレポ!!

東京は渋谷CCレモンホールだけでトータル4公演なんですが、これは、いくらなんでも多過ぎじゃない?
最近の洋楽ライブは追加公演は寂しい入りのようですので心配してました。

最初の3曲はデジカメで撮影OK!
チケットが売れてない苦肉の改善策かとの心配が的中しましたね!
2階席は三分の一程度の入りでした。1階は埋ってましたが・・・。

バンド公認の撮影は、過去にU2とTHE POLICEがありましたので、今回は3度目でした。

開演前にマイミクになりたての、にゃおこさんとご挨拶!
にゃおこさんはNuno側でしたが、私は反対側のPat Badger側でおまけにPAの前。
最前列でしたが、こんな端なら、4,5列目でもNuno側が良かったな〜!

客電落ちて、大歓声!ステージ後ろには新譜ジャケット絵の布が降り、メンバー登場です!

1曲目は「Comfortably Dumb」でスタート!
早速デジカメで撮るが、メンバーが良く動く!止まらないので、画像はぶれブレの可能性が「大」!

2曲目は、大好きな「Decadence Dance 」だ!
ノリたいし、写真は撮りたいしで、もう落ち着いて見れない!
でもって、真横に近い最前列なので、メンバーがこちらに向いてくれないと横から撮ってる感じ。

3曲目の「Rest In Peace」は写真は諦めて、禁断の動画撮影に切り替えました。(爆)

ちなみに、動画撮影は禁止です。(汗)

4曲目に入ると、警備員から注意されるので、ライブに集中しましたよ〜!



新譜5th「Saudades De Rock」からの「Star」はコーラスが印象的でした。

ライブとなると人が変わると友人に言われる私ですが、めちゃ盛り上がってたら、bassのPatの目にとまったのか?

私にアイコンタクトしてピックを投げてきてくれましたよ〜。

これは、最前列の特権ですね。

Cheap Trickの武道館でもリックにピックを投げられたっけ!
Iron Maidenの幕張の時は2列目で潰されそうになりながらも耐えて、ブルースの投げた帽子があと一歩で取れなかった苦い記憶がふと横切りましたが。
(話がそれた!)

日替わり曲は「Trasic Comic 」!これは珍しい!
It('s A Monster)かWarheadsが実は聴きたかったけど、1st Album Medleyの前は、「Tragic Comic 」だった。

自分としては、Nuno の凄腕炸裂の「Midnight Express」が良かったかな。

「More Than Words」の前にQUEENの「Nevermore」をNunoとGary がアカペラでやったのも、Queenファンとしては、嬉しい!

「More Than Words」の合唱は感動的でした。
みんな完璧に歌ってたな!
会場が一体となって、みんなまるごと合唱した全米1位を記録した珠玉のバラード「More Than Words」は、ほんと、名曲です。

その昔、英国のモンスターズ・オブ・ロックに出演して、「More Than Words」を演奏したら、ペットボトルの嵐を浴びたらしいが信じられない!

過去の全作品からバランス良く選曲されたセットリストでしたが、やはり最も盛り上がったのは1990年発表の最高傑作の名作2nd「Pornograffitti」からの楽曲でしたね。

本編ラスト曲の「Get The Funk Out」での盛り上がりも凄かったですね。
アンコールの「Hole Hearted」のエンディングの時に、QUEENの「Crazy Little Thing Called Love」のイントロを少し弾いて終了!

Queenのメドレーを期待してたんだけど、やっぱ、やんなかったな!残念!

最後には、ステージと客席の間の通路にまで、降りてきて握手までしてくれるサービス付き。
Pat・Gary・Nuno の順でしっかりと堅い握手をしていただきましたよ〜!

Gary Cheroneは以前より声が出てたし、パフォーマンスが良かったね!

どの曲でかは、記憶が曖昧ですが、Patのアンプにまたがり、ロデオの真似はするし、バレエ仕込みのような、動きも変幻自在でした。

Nuno Bettencourtは天才!
超絶なテクを披露してくれたかと思えば、コーラスの声は好い声!

顔はイケメンだし、身体も鍛えていて腹筋も割れてたね!
でも、鍛えてると必ず、上半身裸になるのね!(爆)

「ニホンハ、トクベツデス!」って言ってました。

Pat Badgerは一時引退してたのかな?たしか牧場経営とか?
Decadence Dance でのボーカル最高!
バンドで一番声が良いんでは?

Kevin Figueiredoのタイトで、パワフルなドラミングは凄かった。
今のExtremeには合ってる気がする。

天性のカリスマ性を持つGary CheroneとNuno Bettencourt。
この二人は「Extreme」で一緒にやるのが、Bestだね!

Gary Cheroneのフロントマンとしての器量はもちろん。
ボーカリストとしては、QueenでもVAN HALENでも、違和感無く歌えるし、さらに上手になってた。
とても47歳には見えないね。

今年もいろいろライブを見たけど、皆さん思い入れのあるバンドは様々のようですね。
もちろん、「Extreme」を追い続けてた感じの方が会場にたくさん居ました。
「More Than Words」の大合唱が証拠ですね!

私の左隣にいらしてたミニスカ女性は、演奏中にサインボードを掲げて、警備員に注意されてたけど、オーストラリア在住の日本人女性でした。
サインボードには「Come To Australia!」の文字!
オーストラリアに来てくれないので、日本まで観にきてたそうです。
殆んど全曲歌ってた女性も目に入りました。
女性は、みんな好きなのね!
「Extreme」=「Nuno Bettencourt」が・・・。


第二章 Live&Meet&Greet レポート

アンコール終了と同時に外人スタッフからいただいたバックステージパス(赤いリストバンド)!
最前列付近に居た、女性中心に配られたようです。

自分も先ほどご紹介した、Australia在住のミニスカ女性のボーイフレンドと間違えられたのか、確かに、外人スタッフにガールフレンドとカモン!て言われた!

パスを3本渡されて、ミニスカ女性に「バックステージにカモン!」って言ってたよ!と伝えたら喜んでたね!

一緒に行きましょう!とパスをもらいました。


マイミクのにゃおこさん!

ご一緒出来ず残念でした。



ただ、どうしたらいいのか?スタッフの指示も無く。10人程で、ミキサーの前で待ってたらロビーへ出ろの指示!

ロビーで30分くらい待っても、「裏切らないで待っててね!」を言い残してトイレに行ったミニスカ女性は帰って来ない。

外人スタッフが来ても、「何かプレゼントがあれば、メンバーに渡すよ!」と言うだけで、誰も呼びに来ない。

彼にバックステージに行けないのですか?と他の方が聞くが、NO!とクビを横に振る始末でした。
40分くらい待っても、変化がないので、諦めて帰る方々も居られました。

ここまで来て帰るのは寂しいので、一人でステージ前に居た外人にバックステージに招待されたのだけど、何処ですか?と訪ねたら、カモン!と言われて案内されました。
撤去中のステージの袖から、バックステージへ・・・。
意外と行動力のある自分に感心!(爆)

すでに、本物の招待客(外人)数名と、一般のファンらしい方が15名ほど。
でも殆んど女性ばかり。
野郎は私を含めて4人だけ。

おっ!Australia在住のミニスカ女性がいました。
「ごめんなさい!トイレを出たら呼ばれてしまって・・・。」

そんな感じで待ってたらきました。


まず初めに、Gary Cherone!

入り口のグループと談笑。にこやかにサインと記念写真を撮ってます。
プレゼントを渡してる方も居ました。

ヤバイ!色紙もペンもプレゼントも何も無い!

わぁ!Gary Cheroneがこっちに来る!

困っていると、Australia在住のミニスカ女性が紙をくれて、ペンも貸していただきました。

感謝いたします。

流石、Australia在住です。英語がペラペラでGary と会話をされてました。
あ〜、もっと英語勉強しとけばよかった!

自分の番では、マイミクさんのrainmakerさんに教えて頂いた「Thank you for coming back to Japan.」と「It's the best show this year.」と話したらGary Cheroneが、「リアリー?」と喜んでくれました。
ありがとう!rainmakerさん。助かりました。

白紙にサインをしていただきましたが、今思うと、チケットとか、Tシャツにサインしてもらえば良かった。

ドキドキして、そこまで気が回りませんでしたね。同席した、なにわさん!

記念撮影もしてくれましたが、自分の肩に手をまわしてくれて感激です。


ゲイリーの左側に、お見苦しい者が写ってますが、根性無しなので、サングラスをかけてみました。(笑)

次にリズム隊のPat BadgerとKevin Figueiredoの来場です。

二人ともGaryと同じく優しく接してくれてサインと記念撮影!

Patは面識のあるらしい女性を部屋の奥に見つけると、即ハグに行き談笑してました。
もちろん英語で・・・。みんな話せるのね!英語!

最後にNuno Bettencourtの登場!

前日の4日にバックステージに招待された方の話では、Nunoはお疲れのご様子らしかったですが、5日はニコニコしてましたね!

東京公演が無事に終了した安堵感でしょうか?


またしても、Garyと同じ質問をNunoに浴びせる私・・・。
おれらグループは最後の方でしたので、ゆっくり話せました。

Nunoはステージでは大きく見えましたが、意外と身長は170cmくらいでしょうか?
小さかったですが、腕と肩の筋肉がモリモリでした。



ヌーノとの2ショット写真も撮りましたよ!握手もしてもらいました!
手も意外と小さく感じ、良く見ると指は長かったすね!

マイミクのにゃおこさんとkineさんのマイミクさんで、NunoとGaryから、メールでバックステージに招待された、本物の招待客SHINさんとku-maさんが、4日にバックステージに招待されて来たの覚えてるかな〜とNunoに質問してみた。

昨夜ここに来た、you tubeで、あなたの「Star」をコピーしたSHINを覚えてるかい?って質問したら、少し間を置いてから、Nunoが「My Friend! Your Friend?」って答えてきた!
「オレの友人だよ!お前の友達かい?」って聞かれたので、返事に困った。
詳しく説明する英語力もないので、「Yes!」と返事したんだけど、リア友でも、マイミクさんでもないんだよね!

この二人は、ギターとベースとドラムの3人で、「Extreme」をコピーして、you tubeにアップしてたら、何と本物のNuno Bettencourtがその動画を気に入ったらしく、向こうから招待メールを送ってきたらしい!

わたしも二人の動画が好きで良く足跡を付けてましたが、本物に認めれれるほどの実力がある証拠ですね。

新生JOURNEYの新ボーカルはフィリピン人のArnel pinedaだけど、彼もyou tubeにアップしてた動画をメンバーが見つけてJOURNEYに迎えられた訳だし。
Net(you tube)って凄いよね。世界中の人が見てるんだな〜。(余談)

こんな話をしつつも、ちゃっかりと4人にサインと記念撮影をしていただいて、本当に図々しい性格と申しますか?
世渡り上手と言いますか?
本当にラッキーな夜でした。


ライブ終了後でお疲れなはずですが、ファンとの交流を大切にするExtremeのメンバーの優しさには、敬服いたしますね!

ライブ中にBassのPatが最前列の左通路にいた、車イスの障害者さんにピックを渡そうとして、自分では届かないので警備員に渡してくれと頼んでたり、
MCでは、Nunoが「この後Hard Rock Cafe に行くからみんなおいで〜」みたいな事言ってたけど、本当に行ってファンとの交流もしてたらしい。
そこでも、車イスの男性を4人のメンバー が囲んで記念撮影をしたらしい。
本当ファンを大事にするバンドなんだね!

今後も応援させていただきます。
| EXTREME | 08:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
EXTREME/エクストリーム東京最終公演に行ってきました。


エクストリームの追加公演に行って来ました。
渋谷CCレモンホールは久しぶり。

運よく最前列を確保できたのですが、これが、また、パット側のPAの前の席!
やはり噂通りの爆音!
耳栓してたけど、左耳が・・・。

ライブの内容はあとで、ゆっくり書きましょう。
今晩は余韻に浸りたい心境です。

アンコールも終了!メンバーが、ステージを降りてオーディエンスのもとへ・・・。
まずは、ベースのパットと握手!
ライブ中もバカノリしてる私にピックを投げてくれたり、アイコンタクトもしてたせいか?堅い握手でした。

またVoのゲイリーは女性とハグ!
男の私にハグはありませんが、やはり堅く握手!

来ないのかと諦めてたらヌーノも来てくれて、一番なが〜く握手してくれましたね!
何とも腕のタトゥーが素敵でしたね。


あ〜これで、ライブも終了か〜!と思ってたら・・・。



あれ!外人のマネージャー(関係者)さんが、何か渡そうとするので、聞いてみたら、ガールフレンドとバックステージにカモン!!だって!!

たまたま隣にいらしたミニスカートの女性が私の連れと思ったらしく、バックステージパスをくれました。(爆)
たしかに、最前列でかなり激しいノリで、わたしと隣の女性は、騒いでました。(笑)
オーストラリア在住の日本人女性の方でしたが、ちゃんと最後にお礼言えずごめんなさい!

ツアーマネさんが、女性を中心に、目立ってたファンを招待してくれたようです。
そんなわけで、生涯初の楽屋入りです。



20人位いましたが、メンバーは疲れてる筈なのに、丁寧にサインや記念撮影をしてくれました。
ヌーノ、ゲイリー、パット、ケビンありがとう!



デジカメで何枚か撮影したのですが、USBケーブルがどっかに行ってしまいまして、取り合えず携帯のショットをアップして置きましょう!

あまりの嬉しさで、夜遅くにマイミクさんとネットのお友達に連絡してしまいましたが、詳細は後ほどにて・・・。
| EXTREME | 03:54 | comments(4) | trackbacks(0) |
Extreme - More Than Words
Nuno Bettencourt(作曲)とGary Cherone(作詞)のバラードの名曲。

1991年の作品で、Billboard's Hot 100にて全米1位に耀いた大ヒット曲ですね。



Extreme - More Than Words 歌詞

Saying I love you

Is not the words I want to hear from you

Its not that I want you

Not to say, but if you only knew

How easy it would be to show me how you feel

More than words is all you have to do to make it real

Then you wouldnt have to say that you love me

Cos Id already know

What would you do if my heart was torn in two

More than words to show you feel

That your love for me is real

What would you say if I took those words away

Then you couldnt make things new

Just by saying I love you

More than words

Now Ive tried to talk to you and make you understand

All you have to do is close your eyes

And just reach out your hands and touch me

Hold me close dont ever let me go

More than words is all I ever needed you to show

Then you wouldnt have to say that you love me

Cos Id already know

What would you do if my heart was torn in two

More than words to show you feel

That your love for me is real

What would you say if I took those words away

Then you couldnt make things new

Just by saying I love you

More than words


Extreme - More Than Words 和訳

愛してるって言うのを、君から聞きたいわけじゃないんだ

言って欲しくないっていうことじゃあない

けど、もし君が知っていてくれたら、

君がどう感じているのか示してくれれば、どれだけ簡単になるかってこと

愛を現実にするなら言葉以上のことをしてくれればいい

そうすれば僕を愛してる、なんて言わなくてもいいんだ

だってそのことはもうわかっているから

君はどうする?

もし僕のハートが2つに裂けてしまっていたら

僕への愛が本物だって君が感じることを示す、言葉を越えたもの、

君はなんていうんだい

もし僕が言葉を取り去ってしまったら

そうしたら愛してる、って言うだけじゃ何も新しくすることなんかできないよ

言葉を越えたもの、

僕は今、君に話そうと精いっぱいだった

君にわかってもらえるように

君がしなきゃいけないことって、ただ目を閉じて

手をさしのべることだけなんだよ

そして僕にふれて

僕を抱き寄せて

僕を手放さないでいること

言葉を越えたもの

それだけが君に示して欲しいものなんだ

そうしたら君は

僕を愛してるなんて言う必要もないさ

だって、そんなことはもう知っているから
| EXTREME | 02:26 | comments(1) | trackbacks(0) |
EXTREME@渋谷C.C.Lemonホール セットリスト(12/1&12/2&12/4)

EXTREME@渋谷C.C.Lemonホール初日が開幕しました。

わたしの参戦する5日まで、もうワクワクで、仕事も手につきません!!
取り合えず、セットリストと行かれた皆さんの感想を上げておきましょう!

EXTREME
Nuno Bettencourt(Guitar)
Gary Cherone(Vocals)
Pat Badger(Bass)
Kevin Figueiredo(Drums)

日本公演初日のセットリストです。
欧州ツアーと同じですね。
ただし、アンコールでのサプライズがカットされてます。
東京の最終日5日か、満員の4日に期待です。

December 1,2008
Tokyo,Japan at C.C. Lemon Hall

SET LIST
01.Comfortably Dumb
02.Decadence Dance
03.Rest In Peace
04.It('s A Monster)
05.Star
06.Tell Me Something I Don't Know
07.Medley From 1st Album
-Kid Ego -Little Girls -Teacher's Pet
08.Play With Me
09.Li'l Jack Horny (Intro)
〜Midnight Express(Play with Pat and Kevin)
10.More Than Words(Sing with Audience)
11.Ghost
12.Cupid(Intro)[Sam Cooke] 〜Cupid's Dead
13.Take Us Alive
14.He Man Woman Hater (Intro) 〜Get The Funk Out
(ENCORE)
15.Am I Ever Gonna Change
16.Hole Hearted (Crazy little thing called Love intro)



12/02/2008 Tokyo, Japan Shibuya C.C Lemon Hall

01.Comfortably Dumb
02.Decadence Dance
03.Rest In Peace
04.Warheads <=1日は It('s a Monster)
05.Tell Me Something I Don't Know
06.Star
07.Medley (Kid Ego/Little Girls/Teacher's Pet)
08.Play With Me
09.Slide <= 本日追加
10.Midnight Express
11.More Than Words
12.Ghost
13.Cupid's Dead (with Cupid/Sam Cooke intro)
14.Take Us Alive (with That's All Right (Mama)/Elvis Presley)
15.Flight of the Wounded Bumblebee (ending with He-man Woman Hater intro)
16.Get The Funk Out

---Encore---
17.Am I Ever Gonna Change?
18.Hole Hearted(ending with Crazy Little Thing Called Love/Queen intro)


12/04/2008 Tokyo, Japan Shibuya C.C Lemon Hall
01.Comfortably Dumb
02.Decadence Dance
03.Rest In Peace
04.It('s a Monster)
05.Tell Me Something I Don't Know
06.Star
07.Medley (Kid Ego/Little Girls/Teacher's Pet)
08.Play With Me
09.Learn to Love
10.Midnight Express
11.Nevermore(QUEEN)〜More Than Words
12.Ghost
13.Cupid's Dead (with Cupid/Sam Cooke intro)
14.Take Us Alive (with That's All Right (Mama)/Elvis Presley)
15.Flight of the Wounded Bumblebee (ending with He-man Woman Hater intro)
16.Get The Funk Out

---Encore---
17.Am I Ever Gonna Change?
18.Hole Hearted(ending with Crazy Little Thing Called Love/Queen intro)


4日のサプライズはQueenのNevermoreをアカペラで歌ったらしい!
NevermoreはQueen兇房録されている名曲ですね。
フレディの美しい声が印象的なバラードです。
ゲイリーとヌーノのNevermoreが聞けたオーディエンスはラッキーでしたね。


ニューアルバムからは4曲かな?パンチラインからは2曲?スリーサイドからは2曲?1stからは4曲のメドレー。後はポルノからの曲が主体でしたよ。

ヌーノの超絶テクはすばらしかった。

凄い盛り上がりで凄い凄い良かったです
まだ行こうか迷ってる方がいるなら絶対行くべきだ!と言いたいくらいです
なんかもう 泣けました!

メンバーのパワーがゲイリー初め、圧倒的でした。演奏がめちゃめちゃタイトな上にメンバーのあのノリと存在感…。
自分はもう初めから終わりまで狂喜乱舞(笑)でしたが、こんなに楽しくて素晴らしいライブ、ほんとに久しぶりでした!

相変わらず元気なゲイリー!
相変わらず綺麗な声のパット!
叩く姿を見てるだけでテンションがあがってしまうケヴィン!
そして正に神のようなヌーノ!!
ホントに最高の夜でした!!

アメリカツアー行ってきた俺が言う。
日本の方が盛り上がってたぞ!おまいらサイコー!

行ってきました!!
ヌーノが日本語で「日本のファンは特別です」って
言ってくれて、泣きましたああ。


みなさんの声を聞いてると期待できるライブですね!
まだ迷ってる方は、ぜひどうぞ!
| EXTREME | 08:41 | comments(6) | trackbacks(0) |
EXTREME Take Us Alive Tour In Japan 全曲予習
天才ギターリスト「ヌーノ・ベッテンコート」率いる「EXTREME」の来日公演が来週から始まります。



ジャズやファンクの影響を感じさせるグルーヴ感が聞き所の「ヌーノ・ベッテンコート」のギターが楽しみな「EXTREME」です。

EXTREME Take Us Alive Tour In Japan
Live Schedule
■12/01(月) 渋谷C.C.Lemonホール(東京)
■12/02(火) 渋谷C.C.Lemonホール(東京)
■12/04(木) 渋谷C.C.Lemonホール(東京)
12/05(金) 渋谷C.C.Lemonホール(東京)
■12/08(月) 大阪厚生年金会館(大阪)
■12/09(火) 名古屋市公会堂(愛知)
■12/10(水) ALSOKホール(広島)
【料金】S¥8,800 A¥7,800(座席指定/税込)
主催:Inter FM/bayfm/FMヨコハマ 後援:tvk
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999

ツアーメンバー
Nuno Bettencourt/ヌーノ・ベッテンコート Guitar
Gary Cherone/ゲイリー・シェローン Vocal
Pat Badger/パット・バッジャー Bass
Kevin Figueiredo/ケヴィン・フィグェリド Drums

当初は、私、12/04(木)の渋谷C.C.Lemonホールに参戦予定でした。
この公演は既にソールドアウトです。

しかし、急に仕事が入ってしまい、急遽翌日の12/05(金)の追加公演に行くことにしました。

でも都合のいい事に、この東京の追加公演は、バンドからのスペシャルプレゼントが決定したらしい!

なんと、エクストリーム ライヴ撮影会決定! だそうです。

デジカメ持参で撮影して良いらしいので、数枚撮影して来ようかな!
上手く撮影出来ましたら、ここで、ご紹介いたします。

でも、撮影会を企画しなくては、チケットがさばけないのか?
売れてないと言うことかな〜?
なんて余計な心配してしまいますね。もしや2階席が無人とか・・・。

ホントは、ソールドアウトの4日で見たいな〜!なんて気もします。
ここ何組か、追加公演の客入りの悪い公演が続いてますからね!ジューダス・プリーストとかThe Whoとか。

ヤフオク見ても、良い席なのに、殆んど額面割れの状態。でもお蔭様で前から3列目の良席をゲットできましたので、個人的には期待「大」です。

いつものように、予習と想いまして、セットリストを調べてみたら、日本へ旅立つ前のLondonのライブのアンコールは驚愕!

ZEPの「Comunication Breakdown」 や
Queen Medley のメドレーで「I Want To Break Free 」/「 Fat Bottom Girls」 / 「I Want To Ride My Bicycle 」/ 「Tie Your Mother Down 」を演奏してるそうです。


さあ、日本でも演奏してくれるでしょうか?
楽しみです。

11/24/08 London, UK Astoria
Comfortably Dumb
Decadence Dance
Rest In Peace
It's A Monster
Star
Tell Me Something I Don't Know
Medley - Kid Ego/Little Girls/Teachers Pet
Play With Me
Midnight Express
More Than Words
Ghost
Cupid's Dead
Take Us Alive
*Bumblebee*
Get The Funk Out
ENCORE 1
Am I Ever Gonna Change
Hole Hearted
Comunication Breakdown
ENCORE 2
Queen Medley - I Want To Break Free / Fat Bottom Girls / I Want To Ride My Bicycle / Tie Your Mother Down

11/23/08 Birmingham, UK Birmingham Carling Academy
Comfortably Dumb
Decadence Dance
Rest In Peace
It('s a Monster)
Star
Tell Me Something I Don't Know
Kid Ego/Little Girls/Teacher's Pet Medley
Play With Me
Midnight Express
More Than Words
Ghost
Cupid's Dead
Never Take Us Alive
Flight of The Wounded Bumble Bee
Get The Funk Out
-------
Am I Ever Gonna Change
Hole Hearted
Mutha
全曲紹介
01.EXTREME - Comfortably Dumb

02.Extreme Decadence Dance Irving Plaza 08-04-08

03.EXTREME NAMM 2008 - Rest In Peace

04.Extreme- It's A Monster - Live in Madrid, 31/10/2008

05.Extreme - Star

06.Extreme Tell Me Something I Don't Know Irving Plaza 08-04-08

07.Extreme - Medley (Kid Ego, Little Girls, Teacher's Pet)

08.Extreme - Play With Me

09.Extreme - Midnight Express

10.Extreme - More Than Words

11.Extreme - Ghost

12.Extreme - Cupid's Dead

13.Extreme - Take Us Alive

14.Extreme - Flight of the Wounded Bumblebee

15.Extreme - Get The Funk Out

16.Extreme - Am I Ever Gonna Change

17.Extreme - Hole Hearted

18.Extreme Mutha (Don't wanna go to school today) / Communication Breakdown

19.Extreme - Communication Breakdown


Extreme - Warheads


 ナイスでしたらポチってよろしく!励みになります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
| EXTREME | 23:08 | comments(8) | trackbacks(0) |