ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
MICHAEL SCHENKER GROUP/「In The Midst of Beauty」Tour Japan 2008
1980年代初め、Rainbowと並び人気のあったHR/HMバンド、Michael Schenker=「神」の率いるMSG(Michael Schenker group)のライブに参戦してきました。

MSGは元Rainbow.Whitesnakeの故コージー・パウエルや元Rainbow.Alcatrazのグラハムボネットも参加していた思い出深いバンド。

初代ヴォーカルのゲイリー・バーデンを迎えたニュー・アルバムを発表、原点回帰したMSGですが、今回の来日公演は初期のなんともたまらない往年のメンバーが勢揃い。

ボーカルに Gary Barden、ベース Chris Glen、ドラム Ted McKenna、そしてギターに「神」=マイケルシェンカーのラインナップは80年代の武道館の再現です。

でも最近のマイケルとは、殆んどご無沙汰でした。

理由は簡単。MSGはボーカルがゲイリー・バーデンでなくてはならない。

最近の来日はソロと同じで、マイケル以外みんな知らないメンツでは意味がない。

最後に観た1984年8月12日/SUPER ROCK’84の西武球場の時には、ゲイリー・バーデンは抜けてたので、それ以来のマイケルシェンカーとの再会でした。

6時30分過ぎに会場に入るとすでにグッズは完売。

Tシャツを予約注文で対応してました始末。数用意しとけばいいのに!パンフの販売はなかったようす・・・。

19時過ぎにスタート!

ニューアルバムから脳天気ノリの「Ride On My Way 」で開幕!

ステージ右にマーシャルのアンプを背に骸骨ルックのマイケルシェンカーが登場!サングラスをした「神」が、因縁の地・中野サンプラザに舞い降りた!

DeanのフライングVを奏でるシェンカーは以前のようなメタボからかなりシェイプされていてブロンドの髪がステージに映える。



ゲイリーの少しメタボ気味は許すが、ベースのクリス・グレンは酷かった、もう関取状態。仁王立ちして微動だにせず、黙々と演奏。
ドラムのテッドはサングラスしてるので誰だかわかりません!(爆)

そして、往年の名曲「Cry for the Nations 」「Let Sleeping Dogs Lie 」「Armed and Ready 」「Ready to Rock 」とつづく!

Cry、Armed、Ready は本来ならエンディングに持って行って、盛り上がる曲ですが、それを惜しげもなく披露する。

こんなに素晴らしい曲をやってるのに、観客のり悪すぎ!

前の席のサラリーマンさんは2列目の好位置にもかかわらず、ずっと座ったきり。(結局彼は最後まで立たなかった)
座席指定は大人しく観たい人も前に座ることもありますから、仕方無いのですが・・・・。
HR/HMのライブに椅子は要らないな。
やはりスタンディングの大阪へ行くべきでした。

ゲイリーがヘタウマなのは、承知してましたが、高音域がでないからなのか?サビのパートを観客に歌わせすぎ。
一度自分で歌って後を歌わせるのが、通常ですが、彼は全部をオーディエンスに投げる始末。
長いツアーなら理解するが、この後は韓国で1公演のみのはず、手を抜くなよな〜。

その後は、新譜から「I Want You 」と「A Night to Remember 」ですが、I Wantは特にひどかった。
新譜の曲で客の乗りが悪いのは仕方無いが、ゲイリーのボーカルが適当。

モロ、仕事で歌ってるのさ!って感じ!

新譜の選曲も良くなかった。もう少しライブ栄えする曲が他にあったのに・・・。

そして、B'zの松本孝弘もカバーしたマイケル至高のインストナンバー「Into the Arena 」では、フライングVを股に挟みながら体を左右に揺らしリフを刻むマイケルの姿は80年代に観た全盛期の演奏と同じで、もう感激でした。

そうです!この「Into the Arena 」とその後の「Lost Horizons」を聴きに来たんです。

もうこれを聴ければ、フライングV投げ出しステージを降りても許す!!!

でも、今回はそんな心配が全く必要ない様子。
時折見せるマイケルの笑顔や、ゲイリーとクリスとのアイコンタクトを観てると、やはり往年のメンバーを一緒でマイケルも安心してステージを楽しんでるようでした。

アメリカ市場を意識した「Rock My Nights Away 」から「On and On 」へ。
「On and On 」はKeyを下げてたので、全く違う曲に聞こえて残念。
ZEPのO2アリーナでの音源でもそういえば、別の曲に聞こえたっけな。

本編ラストは、「Attack of the Mad Axeman 」

アンコールはUFO時代の名曲「Doctor Doctor」から「Rock Bottom」だ!

「Doctor Doctor」はIRON MAIDENのオープニング前のSEでながれ、大合唱になる名曲。

本家の生音でのDoctor Doctorの大、大合唱はいいですね〜!

さらに、不朽の名作「Rock Bottom」のリフをまた聴けるとは・・・。涙、涙でした。

こんなリフ書ける奴、最近のギターリストには、いないよな〜。

もうマイケルの調子はよかったし、往年のメンバーが揃って、良い方向へマイケルが、導かれたことが、ライブ成功の要因でした。

もう観られないと思ってたシェンカー/バーデンのコンビ。もう感激の夜でした。


(なんだか良くわからない画像ですが、最後のあいさつです。)

と言うような、ライブレポがほとんどでしたが・・・。

何か違うよな〜?

「神」はたしかに舞い降りた。

でもステージに舞い降りたのはマイケルシェンカー=「神」だけ。

シェンカー/バーデンとアルバムで名乗ってるわけだし、新譜リリースしてMSGとしてのJAPANツアーにしては、もの足りない・・・。

やはりゲイリーバーデンの仕事と割り切ったようなステージは現役ではないような感じだし、クリス・グレンのベースの音は最悪だったし、ほんと今でも現役でやってんの?

「神」とシンクロしてた80年代初頭に日本武道館で観た演奏を自分身体は覚えてるから、今回のライブは別物に感じられた。

ボーカルの声はゲイリーで良いのだが・・・。

また、マイケルのギターがギブソンのフライングVではなくて、ディーンのVに変わってたのが残念でした。
ギブソンの乾いた音色がマイケルの特徴だったのに・・・。ディーンのVは艶はあるが軽い音でした。(残念)

20年前と同じ演奏を期待するのは酷なのは、当たり前だけど・・・。モチベーションの違いかな?

まあ、ゲイリーとクリスは自分のプロジェクトがあるらしいし、集金ツアー感覚で参加してるのであればマイケルが可愛そうでした。

マイケルをず〜とサポートしてた、 Keyboards兼サイドギター兼コーラス兼メンバー紹介のWayne Findlayが良かったかな?

ウエインとアイコンタクトできたのが嬉しかった。

MSGと同じ80年代に武道館をソールドアウトにして、今でも第一線で、バンドを続けているU2やアイアンメイデンやボンジョビとかと、どうしても比べてしまう。

やっぱり、一線から退き、人の目を気にせず、肥えたらおしまいなんだな!っと感じました。

あれだけの楽曲を持ってるのに、たかが、2千人程度のオーディエンスを絶叫と歓喜にもって行けないリードボーカルは
寂しかったな。
メイデンのブルースまでやれとは言わないが、もう少し頑張らないとこの復活MSGは自然消滅になりそうな予感ですな。

う〜ん。大好きなMSGだけに、辛口レポートでした。

追伸、オイラの座席は3列目で前でした・・・。しかしPAの目の前でした。

嫌な予感は的中です。左耳をやられました。

耳鳴りここまでひどいのは、初めて・・・。

左側の音が聞こえにくい・・・。

大昔、Ozzyのサンプラザかメイデンの渋公の音がでかくて痛め、さらに素人バンドでベースやってて、狭いスタジオでの大音量が、痛めたのが原因ですが、
浜崎あゆみのように聞こえなくなったらマズイので、2〜3日してダメだったら耳鼻科に行って来よう〜っと!

日本公演全部同じセットリストだったようです。

8/29(金)東京:中野サンプラザ

SETLIST
01.Ride On My Way
02.Cry For The Nations
03.Let Sleeping Dogs Lie
04.Armed And Ready
05.Are You Ready To Rock
06.I Want You
07.A Night To Remember
08.Into The Arena
09.Guitar Solo〜Lost Horizons
10.Rock My Nights Away
11.On And On
12.Attack Of The Mad Axeman

ENCORE
13.Doctor Doctor(UFO)
14.Rock Bottom(UFO)


 ナイスでしたらポチってよろしく!励みになります。
 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
| Michael Schenker | 08:43 | comments(6) | trackbacks(0) |
MICHAEL SCHENKER GROUP/「In The Midst of Beauty」Tour Japan 2008がもうすぐ!
イン・ザ・ミッドスト・オブ・ビューティー
イン・ザ・ミッドスト・オブ・ビューティー
マイケル・シェンカー・グループ
『IN THE MIDST OF BEAUTY 』
1 City Lights
2 Competition
3 I Want You
4 End Of The Line
5 Summerdays
6 A Night To Remember
7 Wings Of Emotion
8 Come Closer
9 The Cross Of Crosses
10 Nana
11 I Am The One
12 Ride On My Way

【レコーディング・メンバー】
Michael Schenker(Guitar)
Simon Phillips(Drums)
Neil Murray(Bass)- ex Whitesnake, Gary Moore, Black Sabbath
Don Airy -(Keyboards)- ex Whitesnake,Rainbow, Gary Moore,Ozzy Osbourne
Gary Barden(Vocals)- Original singer of MSG 1980 - 1984.



マイケルシェンカー率いるMICHAEL SCHENKER GROUPの「In The Midst of Beauty」Tour Japan 2008がもう来週に迫りました。

MICHAEL SCHENKER GROUP
「In The Midst of Beauty」Tour Japan 2008

8/25(月)大阪:なんばHatch
8/27(水)名古屋:ダイアモンドホール
8/28(木)東京:中野サンプラザ
8/29(金)東京:中野サンプラザ
OPEN 6:30PM / START 7:00PM
全席指定:¥7,500(税込)

ツアーメンバー
Michael Schenker (Guitars)
Gary Barden (Vocals)
Chris Glen (Bass)
Wayne Findlay (Guitars&Keyboards)
Ted McKenna (Drums)

UFOやスコーピオンズ、もしくは'80年代初頭からのMSGファンにはお待ちかね!

「神」、「神話」、「黙示録」といった、まさしく奇跡的な名盤を残してきたフライングV=マイケルシェンカーですが、NEWアルバム「In The Midst of Beauty」では往年のMSGを彷彿させるプレイをしていると感じさせ、秀逸なメロディーラインの特徴も健在です。
ツアーにはゲーリーバーデンとクリス・グレン、ドラムは日本公演のみテッド・マッケンナが参加してくれるようです。

アルバムの出来としては、往年の名作群と比べるわけには行きません。
抑え気味のボーカルのゲーリーバーデンは仕方ないにしても、これだ!と言う核になる名曲が無い平均点の出来映えです。
まあ、来日公演は新作からの演奏は多分少ないでしょうけど。
ライブで過去の往年の名曲をオリジナルボーカルで聴けるだけでファンとしては、満足ですが・・・。

東京公演の中野サンプラザ2公演のチケットはすでに完売したらしい!!
満員御礼の会場で観れるのは嬉しい限り。
私は8/29(金)の東京:中野サンプラザ。最終公演に参戦します。

なんせチケットが1階3列目で、その上マイケルシェンカーの立ち位置側の良席が今回は確保できてますので、期待大です。
指先の動きまで見れるはず!!!

あとは、マイケルの身体と心の調子が良いこと望みます。
なんたって、過去にプッツン!してしまった会場が中野サンプラザです。つまり鬼門ですね、サンプラザは・・・。

[過去のプッツン]
1975年、1978年UFOに在籍時、2度に渡り謎の失踪!
1998年、三度目のUFO復帰を果たして来日公演。東京公演初日、中野サンプラザにおいて、7曲目を演奏したところでステージを去る。
2006年、やはり中野サンプラザにて、Assault Attack〜Ready To Rock〜Let It Rollの3曲目の途中で、ホテルに帰っちゃった。(爆)
と過去にやらかしてますので、最終日を選んだ方で心配してるのは、私だけでは無いでしょう!

さあ、来いマイケル!!


チケットの半券と公演パンフとフラインングVの模型

マイケルさまに会うのは、
1981年8月12日/日本武道館
1983年1月20日/日本武道館
1984年1月23日/日本武道館
1984年8月12日/SUPER ROCK’84の西武球場。
ゲーリーバーデンに会うのは、1984年の武道館。
実に24年振りです。名曲群を聴けると思うとワクワクです。

ちなみに、2007年の来日公演(2006年分の振り替えごめんなさい公演)
のセットリストはこちら。
01:Assault Attack
02:Ready To Rock
03:Let It Roll
04:Dust To Dust
05:Love Trade
06:Shadow Lady
07:Lights Out
08:Into The Arena
09:But I Want More
10:Too Hot To Handle
11:On And On
12:Only You Can Rock Me
13:Armed & Ready
14:Attack Of The Mad Axeman

15:Arachnophobiac
16:Doctor Doctor
17:Rock Bottom

今回の公演でもInto The Arena・Armed & Ready・Doctor Doctor・Rock Bottomなどの名曲が披露されることでしょう。

そういえば、少し前にマイケルシェンカーもびっくりのギター少女の動画が話題になってましたね!
まだ見てない方はどうぞ!
影山遥ちゃん10歳の奏でるMichael Schenker Group - Captain Nemoです。
すげ〜上手!!!

曲を知らない方はこちらが本家本元のMSG - "Captain Nemo" Live 1983

日本公演の後は韓国で公演し、11月は兄貴のルドルフ率いるスコーピオンズに参加することが発表されてます。

2008-08-31 Melon AX Hall Seoul KOR

SCHENKER / BARDEN ACOUSTIC:

2008-11-12 Newcastle Carling Academy Newcastle UK

MICHAEL SCHENKER WITH THE SCORPIONS:

2008-11-12 Carling Academy Newcastle UK
2008-11-13 Carling Academy Glasgow UK
2008-11-15 Apollo Manchester UK
2008-11-16 Guildhall Southampton UK
2008-11-18 Hammersmith Apollo London UK
2008-11-19 Civic Hall Wolverhampton UK

最近のライブはこんな感じ!

MSG 2008 - EDINBURGH 19th June 2008 - DOCTOR DOCTOR

michael schenker liquid rooms 19/6/08 rockbottom

 ナイスでしたらポチってよろしく!励みになります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
| Michael Schenker | 23:30 | comments(6) | trackbacks(0) |