ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Whitesnake@SHIBUYA AX
JUGEMテーマ:音楽


 
GWの最終日に渋谷AXまでWhitesnakeを観てきた。

前にも書いた気がするけど、デイヴィッド・カヴァデールは、HM/HR部門の個人的に好きなボーカリストで、デヴィカヴァのステージを観たのは今回で通算9回目でした。

これは多分1人のアーチストのライブを観た回数としては最多だろうな〜?
彼のスタイルは、私が好きな伝統的かつ叙情的なブリティッシュ・ハードロックの典型ですから・・・。

Whitesnakeは83年の武道館で観たのが最初でしたが、Coverdale・Pageの武道館ってのもあったし、Def Leppard&Whitesnakeのダブルヘッドライナーもありましたね!


過去に行ったツアープログラムを年代順に並べてみた!

在籍して来日した過去のメンバーも豪華なメンバーでした。

イアン・ペイスに、ジョン・ロード、84年はコージー・パウエルにジョン・サイクス。
そしてエイドリアン・ヴァンデンバーグとスティーヴ・ヴァイ、トミー・アルドリッチ、ルディ・サーゾがバックのツアーも凄かった。

今回のツアータイトルは、Year Of The SNAKE!

ん〜!今年の干支は巳ですから、Whitesnakeの年ってことか〜?



2013/5/1(水) サンポート高松(香川)
2013/5/2(木) 市民文化ホール(鹿児島)
2013/5/4(土) 名古屋市公会堂(愛知)
2013/5/6(月) SHIBUYA-AX(東京)
2013/5/7(火) 中野サンプラザ(東京)
2013/5/9(木) 中野サンプラザ(東京)
2013/5/10(金) オリックス劇場(大阪)



過去9回観たうちの5回は一緒に行っている高校時代の悪友K氏と同行!


チケットの整理番号が47番位だったので、難なくダグ・アルドリッチ前の最前列を確保。

前回の赤坂BLITZ ではデビカヴァ前の最前列だったし、その前はレブ側だったからAXではダグで観よう!って決めてた。

まわりに居る方女性率が高い!やっぱりダグは女性に人気のようです。



オープニングSEでThe Whoの「My Generation」が流れると開演の合図!


オープニングナンバーは『Give Me All Your Love』だ!

『Bad Boys』やDeepPurple時代の『BURN & Stormbringer』で始まることが多かったけど、『Give Me All Your Love』で始まるのは意外!


そして何時ものように「プロ仕様のカメラ禁止」ですよ〜!って開演前にアナウンスがありましたので、つまり携帯やデジカメでの撮影可という事!

終盤までライブに集中してましたが、最前列から撮影してきました。動画を撮っている人もいたけどね〜!


ギョー!

ダグ・アルドリッチ〜〜!が目の前!

近すぎ!運指までよく見える!




でも近すぎて音響のバランスが悪すぎ!


ダグの後方に積まれたマーシャルアンプからストレートにダグのレスポールの音が爆音で迫ってくる〜〜!

でもレブ・ビーチの音が小さい・・・。

なんでも、会場が狭いのでステージに積まれたダグとレブの左右のマーシャルの音量を上げていた模様です。







デビカヴァが仁王立ちして最前列の女性数名にアイコンタクトしまくり〜〜!

このスケベおやじは男性には見向きもしてくれませ〜〜ん!(前回は私に数回アイコンタクトしてくれたのに。。。)

そして、ペロって自分の手を舐めてる仕草をしてから、手を伸ばして最前列の女性と握手してた。。。


ダグ・アルドリッチ(G) と レブ・ビーチ(G)のツインギターになってから数度ライブを観ているけど、中盤のソロ対決でもいい味だしてたけど、 レブ・ビーチのソロの方が上手かったな〜!



世界中で大ブレイクした『ホワイトスネイク1987(白蛇の紋章/サーペンス・アルバス)』からのファンには馴染みが無かったかも知れないけど、オールドファンには堪らない選曲もあり、ここ数年のライブとは少し内容が違ったのも嬉しいかったですね〜!

『セインツ・アンド・シナーズ』(82年)のメンバーで亡くなられたジョン・ロードとコージー・パウエル、メル・ギャレーの3人への追悼の念で『 Gambler』が聴けた。

また中盤では『Ain't No Love In The Heart Of The City』〜『 Guilty Of Love』のアコギバージョンも涙ものでした。


トミー・アルドリッチの素手でのドラムソロは何度見ただろうか?

今回も当然のようにありました。

でも62歳ですよ!

あれだけパワフルに叩けるなんて驚愕です!

でもって容姿が昔と変わらん!
髪の毛ふさふさで!





『 Ain't No Love In The Heart Of The City』の合唱もライブハウスだからみんなの声がメンバーに良く届いたらしく、デビカヴァも満足そうな顔していた。

『 Fool For Your Loving』〜『 Here I Go Again』で本編終了

アンコールの『 Still Of The Night』も超盛り上がり!

何度かダグ・アルドリッチが投げたピックももらえず仕舞い・・・。

女の子には手渡ししてたけど、

最後にはピックが無くなり、自分の足元に落としてたピックを拾って弾いていた。


もう曲も終わるし

最後にピックを投げるぞ!〜〜って観察していたら


投げた〜〜〜!



ふわ〜〜って、放物線を描いて数名が手をのばした〜〜!


見事!私が指先でキャッチしました!


ギャハハ!ラッキー!




喜んでいたら、ダグがギターを水平にして弾かせようと目の前に・・・。

弦を貰ったピックでガチャガチャ!

最後には女性に持たせてステージにお戻りに。。。


どうしてよいか解らない女性は茫然と。。。





でも最後にメンバーが横に並んで挨拶している時も、自分のギターを心配そうにこっちを観ているダグ・アルドリッチが可愛かった!


心配そうに見ているでしょう?





たったの15曲で1時間30分で終わってしまったけど、

『 Bad Boys』や『 Children of the night』も、ここ最近の公演で演奏していたDeepPurple時代の『 BURN & Stormbringer』も演らないというセットリストだけども、


東京最終日には『 SOLDIER OF FORTUNE』と『 THE DEEPER THE LOVE』も演奏したみたい。



でも満足かな

また来たら行くからね!




5月6日,東京・SHIBUYA-AX
1. Give Me All Your Love
2. Ready An' Willing
3. Can't You Hear The Wind Blow
4. Don't Break My Heart Again
5. Is This Love
6. Gambler
7. Love Will Set You Free
8. Pistols At Dawn
9. Steal Your Heart Away
10. Ain't No Love In The Heart Of The City
11. Guilty Of Love
12. Forevermore
13. Fool For Your Loving
14. Here I Go Again
(ENCORE)
15. Still Of The Night
| Whitesanke | 00:42 | comments(1) | trackbacks(0) |
WHITESNAKE @ 赤坂BLITZ 10/24(月)
JUGEMテーマ:音楽


 書きかけ放置日記!完成披露シリーズ!


WHITESNAKE @ 赤坂BLITZ 10/24(月)


今頃かよ〜〜?って感じですけど。。。
書きかけでアップしてなかったんですけど、簡単ですがライブレポ!!



今年の秋から冬は大物アーチストが来日ラッシュですね!


個人的には来春までの予定としては下記の感じです。


Beady Eye @zepp東京 9/ 5(月) 
Beady Eye @zepp東京 9/11(日)
Motley Crue  @zepp東京 10/3(月)
TIME☆STRIPPERS @目黒ライブステーション 10/22(土)
Whitesnake @赤坂 BLITZ 10/24(月)
Def Leppard @東京国際フォーラムA 11/7(月)残念です!行けませんでした。



今後の予定としては
もう直ぐだよエアロ!!


Aerosmith @東京ドーム 11/28(月)
Aerosmith @東京ドーム 11/30(水) 
Noel Gallagher @TOKYO DOME CITY HALL 1/16(月)
Noel Gallagher @TOKYO DOME CITY HALL 1/17(火)
the HIATUS  @zepp東京 1/25(水)
Judas priest @日本武道館 2/17(金)



Whitesnakeを観たのは、83年、90年の日本武道館、06年の東京国際フォーラム、08年Def Leppard&Whitesnakeのダブルヘッドライナーが武道館にて2日間でしたね。
93年はCoverdale・Pageの武道館での来日公演を見ているので、デイヴィッド・カヴァデールのステージを観るのはこれで7回目でした。
もしかして個人的に最多数記録かも知れません。


個人的には好きなボーカリスト(HM/HR部門)ですからね。
渋い声と高音シャウトで最高です。


久しぶりの赤坂 BLITZでしたが、ウドーさん!お客さん入れすぎ!


だって1階フロアに入り切れなくなっている様子で、係員が『一歩前に積めて下さい!ご協力ください!』ってスタンディングのお客さんにアナウンスしていた。


後ろを振り返ったらさ〜!2階席の後ろの立ち見席までお客さんを入れてたよ!


赤坂のチケットは即日完売だったそうですからね。



The WHOのマイジェネレーションが終了してメンバー登場!



デヴィカバさま〜〜〜!


カヴァデールがあんなに近いなんて!!!
赤坂 BLITZはステージとフロアが激近でびっくり!(画像でご確認下さい・・・。)


事前にラウパー観たマイミクさんからダウンチューニングでがっかり!って聞いていたし、カヴァデールは、声が出てないとの指摘が多い中、でも俺はあんまり気にならなかったな〜〜!


その理由は明白。


スタジオ録音盤を聞かずに、ずっとブートのライブDVDを見ていて慣れていたせいでしょう?


まあ確かに昔の曲が始まっても、最初何の曲か直ぐに分かりませんでした〜〜!やたらキーが低くて・・・。



仕方ないんだけどね、スタジオ盤よりライブではキー下げるのは他のバンドも同じだし。。。


還暦であの熱唱!


普通はあり得ないでしょう!


あのスタイルを維持してあの胸板!


フェロモンムンムンでしたね。


至近距離で見たから暴露するけど。。。


カヴァデールさまの歯はすべてインプラントだね。。。
カヴァデールさまの乳首・・・異様に長かった。。。1センチはあった!(そんなの誰も聞きたくないよね)



他のメンバーさまは!
ダグ・アルドリッチとレブ・ビーチの組み合わせも慣れたせいか前回より安心して聞けた。


ブライアン・ティッシーのドラムソロも楽しかった。
素手でのドラミングは良く見るけど、箸で叩いたり包丁で叩いたの見たのは初めて!


カヴァデールの足元に貼ってあるセトリを見ながら、うっ!次はあの曲ね!なんて楽しみながら見ていたんだけど、アンコールで曲順が変わったんだよね!


本編終了してもステージを下がらない!
そのまま『Still Of The Night』やるのか?って思ったら『Still Of The Night』の順番のはずが『Soldier Of Fortune 』でした。


その『Soldier Of Fortune』をアカペラで聴けたのも嬉しかった。



そしてお決まりの『Still Of The Night』で終了かと思いきや・・・。


予定には入ってなかった『Burn』〜『Stormbringer』〜『Burn』とやってくれたので、オーディエンスもその日一番の盛り上がりでした。



『Burn』の時にはカヴァデールとアイコンタクト出来てさ〜!


俺の目はお前の目を見ているぞ〜〜!って指で合図するのだけど、ワタクシが、『Burn』演奏してくれてありがとう!って意味でGood!ってサインしたら気がついてくれて、俺の目はお前の目を見ているぞ〜〜!って指でサインしてくれた!
カヴァデールを一人占め出来た瞬間です。


 


『Burn』はカヴァデールしか歌えないと改めて納得したし、マイクスタンドを使ったエロいアクションは健在でしたね。


赤坂 BLITZ のような小さな規模の会場で、それもスタンディングでWhitesnakeを観れたことに感謝です。


『Burn』で最後の曲と判断したんでブロガーとしては。。。また数枚頂いてきましたら良く撮れてました・・・。




 ↑ 拳を突き上げている腕はワタシの腕でやんす!












メンバーがステージを降りてから会場に『We Wish You Well』が流れたんだけど、胸が熱くなって涙がこみ上げて来たよ!



また是非来日して欲しいです。


次も必ず行くからね!



<演奏曲>
1.Best Years
2.Give Me All Your Love
3.Love Ain't No Stranger
4.Is This Love
5.Steal Your Heart Away
6.Forevermore
7.Guitar Duel
8.Can You Hear The Wind Blow
9.Love Will Set You Free
10.Drum Solo
11.The Deeper The Love
12.Fool For Your Loving
13.Here I Go Again
〜Encore〜
14.Still Of The Night
15.Soldier Of Fortune
16.Burn/Stormbringer
〜We Wish You Well


 


WE WISH YOU WELL by WHITESNAKE

| Whitesanke | 01:03 | comments(1) | trackbacks(0) |
Def LeppardとWHITESNAKEのダブルヘッドライナー公演がもうすぐ

ホワイトスネイク&デフ・レパードのダブルヘッドライナー公演がもうすぐ日本で実現します。

デフ・レパードは、アルバム「X」以来の6年ぶり7度目の来日となる。
そしてデイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイクも2006年以来2年ぶり10度目の来日だそうです。



個人的には白蛇は2年前でLEPPSは9年前の共に同じ会場の東京国際フォーラムを見たな。たしか?

Def LeppardとWHITESNAKEともに新譜を発売しての来日になりますが、白蛇の待望のニューアルバム『GOOD TO BE BAD』とLEPPSの『Songs From The Sparkle Lounge 』の出来は共に上々でした。

本来ならば、それぞれ単独で公演できる力量を兼ね備えたビッグバンドですが、日本でも本国イギリス公演で大好評を博したダブルヘッドライナーになりました。

単独公演が実現しなかったのは残念ですが、プリーストにラウドパーク'08とモトリーとか、その他諸々が日本の秋に来日公演が集中しましたから、分散するのは当たり前ですね。招聘元にはもう少し日程を考えて欲しいものです。
発表前にキャンセルされましたが、オジーの武道館も10月に組まれてましたし。ね!

何とか武道館の2階スタンドの東・西の天井付近まで観客で埋って欲しいですね。

そうそう、アリーナにはサブステージが設けられるらしく、花道がありますので、メンバーも近くで観れるかも知れません。楽しみですね。

Def LeppardとWHITESNAKEダブルヘッドライナー公演
【東京】
10/23(木) 日本武道館 18:00開場/19:00開演
10/24(金) 日本武道館 18:00開場/19:00開演
【大阪】
10/27(月) 大阪城ホール 18:00開場/19:00開演 
【名古屋】
10/28(火) 日本ガイシホール 17:30開場/18:30開演

今回のDef LeppardとWHITESNAKE公演は実は個人的にはリベンジの気分なのです。

9年前の1999年「ユーフォリア」Euphoria をリリースしてのDef Leppardを東京国際フォーラムAで初めてLEPPSを観ました。

1980年代初頭にNWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在でありましたDef LeppardとIron Maidenは良く比較されるライバル的バンドでした。

個人的な思い入れ度はIron Maiden>Def Leppardだったんですよね。

当時HMのライブは相当数を観ましたが、Def Leppardに限っては初来日から15年経ってやっとの初LEPPSが99年の東京国際フォーラムでした。

サビの爽やかで分厚いコーラスが好きで、しばらく聞かずにいるとまた聞きたくなるバンドがDef Leppardですが・・・。

フォーラムでの演奏は最高だったハズ!

でも、ソツが無いと言うか?

平日のためか、1階席の後方はガラガラ。う〜んフォーラムも埋められ無いのか!

フィル・コリンもヴィヴィアン・キャンベルも上手いのだが、華が無い。(ファンの方すいません)

そうか!一番はジョー・エリオットにカリスマ性が強く感じられなかったのが原因か?(すいません苦情は受け付けません)

う〜ん。楽しめなかったライブでした。それ以後はもうDef Leppardはもういいや!になってしまいました。(爆)

まあ、自分のバンドへの思い入れと曲の聞き込みが浅かったのが、最大の要因ですが・・・。

だから今回は、前回の悪いイメージを払拭すべく期待「大」です。


WHITESNAKEの曲もミッキー・ムーディ・バーニー・マースデン路線>ジョン・サイクス・スティーヴ・ヴァイ路線の比重で、昔のブルースベースや、ミッキームーディのスライドギターがお気に入りな為か、2年前のフォーラムでは、「サーペンス・アルバス(白蛇の紋章)」や「スリップ・オブ・ザ・タング」の収録曲について行けませんで、蚊帳の外でした。

80年代のライブでは一番盛り上がる曲でした「フール・フォー・ユア・ラヴィング」も演奏しなかったし・・・。

また、カヴァーディルは昔のようなソウルフルな歌い方でなくて、キンキンうるさくて、え〜!こんなんだっけ!状態でした。

ライブでは、結構デヴィッド・カヴァーディルが観客に歌わせる機会が多くて、自分が歌詞を覚えて行かなかったのが、ま〜最大の敗因でした。

結局は、自分の聞き込み不足のせいですが・・・。(爆)

わたしは予習をして用意万全で挑まないとダメな性格なようです。

と言うわけで、予習のために今回のツアーのセットリストです。

知りたくない、当日の楽しみ、と言う方はご覧にならないように!

2008年6月26日にロンドン・ウェンブリー・アリーナーで開催されたホワイトスネイクとデフ・レパードのセットリストです。

この日はホワイトスネイクが前座を務め、彼らにしてはやや短めの全14曲(ギターソロを含む)、約1時間20分のライブを披露しました。
メイン・アクトのデフ・レパードは全18曲、約1時間30分の内容だそう。



Live at Wembley Arena, London, UK 26th June 2008
DEF LEPPARD
01.Sparkle Lounge Intro
02.Rocket
03.C'mon C'mon
04.Animal
05.Nine Lives
06.Make Love Like A Man
07.When Love & Hate Collide
08.Bass Solo
09.Rock On
10.Two Steps Behind
11.Bringin' On The Heartbreak
12.Hysteria
13.Armageddon It
14.Photograph
15.Pour Some Sugar On Me
16.Rock Of Ages
encore
17.Bad Actress
18.Let's Get Rocked

WHITESNAKE
Intro
01.Best Years
02.Fool For Your Loving
03.Can You Hear The Wind Blow
04.Love Ain't No Stranger
05.Lay Down Your Love
06.The Deeper The Love
07.Is This Love
08.Guitar Solo/Snake Dance
09.A Fool In Love
10.Ain't Gonna Cry No More
11.Ain't No Love In The Heart Of The City
12.Give Me All Your Love
13.Here I Go Again
14.Still Of The Night
15.We Wish You Well

さあ!覚えてない方は歌詞を覚えて会場で叫びましょう!!

まずは「WHITESNAKE」編
Whitesnake - Best Years


Whitesnake - Fool For Your Loving


Whitesnake - Is it love


Whitesnake - Love Ain't No Stranger


Whitesnake - The Deeper the Love


Whitesnake −Ain't No Love In The Heart Of The City


Whitesnake - Here I Go Again


Whitesnake - In the Still of the Night

 ナイスでしたらポチってよろしく!励みになります。
 ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
| Whitesanke | 02:42 | comments(6) | trackbacks(0) |
DEF LEPPARD / WHITESNAKE




 今年の秋はHR/HMバンドの来日ラッシュになりそう!

DEF LEPPARD / WHITESNAKE
2大モンスター・バンド、夢のカップリング・ツアー実現 !

10/23(木) 日本武道館 18:00開場/19:00開演
10/24(金) 日本武道館 18:00開場/19:00開演

【料金】S¥13,000 A¥12,000 B¥10,000(座席指定/税込)
招聘元・ウドー音楽事務所

10/27(月) 大阪城ホール 18:00開場/19:00開演 10/28(火) 日本ガイシホール 17:30開場/18:30開演



MICHAEL SCHENKER GROUP

「In The Midst of Beauty」Tour Japan 2008

8/25(月)大阪:なんばHatch
8/27(水)名古屋:ダイアモンドホール
8/28(木)東京:中野サンプラザ
8/29(金)東京:中野サンプラザ
OPEN 6:30PM / START 7:00PM
全席指定:¥7,500(税込)
(問)ザックコーポレーション

ここまでは発表されてますが、これ以外も9月にJUDAS PRIESTで10月にはモトリークルー同じく10月18・19日にはLOUD PARK08の日程が発表されてます。


「WHITESNAKE」編
どちらも好きなバンドですので大御所を2バンド見れて嬉しいのですが、各バンドの持ち時間が短くなるのは当たり前で2時間半×2+入れ替え30分=5時間30分をやったら終演が翌日になる計算!


それはありえない。


90分×2+入れ替え30分でしょうね。となるとあの曲とこの曲がカットとファンは欲求不満に陥ることでしょう。


平日2日間は仕事的に無理なので取り合えず、10/24(Fri)武道館でのチケットを確保しました。


武道館2日間がある程度さばければ、UDOのことだから単独公演もありえるし、フルスケールの単独公演に期待しましょう。


Def LeppardとWHITESNAKEも新譜を発売しての来日になりますが、白蛇は3年ぶり10度目、LEPPSは6年ぶり7度目ぶりの来日だそうだ。


個人的には白蛇は3年前でLEPPSは9年前の共に同じ会場の東京国際フォーラムを見たな。たしか?


白蛇のデイヴィッド・カヴァーデイルは大好きなボーカリストで白蛇時代とカバーデール&ペイジと数回見てますが、本来はブルースをベースにしたソウルフルな曲調が80年代の音作りでした。


ミッキームーディーとバーニーマースデンのギターでミッキーのスライドギターがミソでした。


しかし日本と欧州で売れてても米国で売れなくてはとのカヴァーデイルの判断で出した87年リリースのアルバム「サーペンス・アルバス〜白蛇の紋章〜」が大ヒット!


長いキャリアを誇る白蛇ですが、最も高い評価とセールスを上げました。



ジョン・サイクスのおかげで今までのホワイトスネイクが良くも悪くもサイクス一色。



「Crying In The Rain」・「Bad Boys」・「Still of The Night」・「Is This Love」・「Here I Go Again」・「Give Me All Your Love" など、


など全米TOP10を含む捨て曲なしの超名盤でした。それ以後はこの路線をまっしぐら!


カヴァーデイル自身のルーツはブルースとハードロック。カヴァーデイルのソウルフルなボイスに、職人肌のツイン・ギターとジョン・ロードのオルガンが絡むサウンドが当時は売りでしたね。


ジョン・サイクス以降のギターリストも下記の面々ですからブルースを基調としたソウルフルなアルバムを期待しても無理ですが。


エイドリアン・ヴァンデンバーグ(ヴァンデンバーグ)
ヴィヴィアン・キャンベル(ディオ〜デフレパード)
スティーヴ・ヴァイ(アルカトラス〜デイヴィッド・リー・ロス・バンド〜ソロ)
ウォーレン・デ・マルティーニ(ラット)
ダグ・アルドリッチ(ライオン〜ディオ〜)
レブ・ビーチ(ウィンガー〜ドッケン〜)



2006年5月21日東京国際フォーラムの公演も行きましたが、その時のセットリストが下記です。



01:Burrn(Incl Stormbringer)
02:Guilty Of Love
03:Love Ain,t No Stranger
04:Walking In The Shadow Of The Blues 〜 Love Hunter 〜 Slow An' Easy(Medley)
05:Is This Love
06:Ready To Rock
07:Ready An' Willing
08:Doug Aldrich Guitar Solo 〜Snake Dance〜
09:Crying In The Rain 〜Incl Tommy Aldridge Drum Solo〜
10:Ain,t No Love In The Heart Of The City
11:Give Me All Your Love
12:Here I Go Again

13:Take Me With You
14:Still Of The Night



派手なギターにキンキンなカヴァーデイルのボーカル。「Walking In The Shadow Of The Blues 」・ Love Hunter 」・「Ready An' Willing」・「Ain,t No Love In The Heart Of The City」も聞けて古いファンも楽しめる内容でした。


デイヴィッド・カヴァーデイルは白蛇で新しいファンと古いファンと両方を納得させる方向でライブをしてくれている雰囲気が感じられて嬉しい限り。



でも前回の来日では、大ヒットナンバーの「Fool For Your Loving」を演奏しなかったのが残念でした。



マジで2回目のアンコールで「Fool For Your Loving」か?と思いきや客電が点いたっけな〜。



「Fool For Your Loving」
は武道館で期待してます!!!



デイヴィッド・カヴァーデイルは、パープルでは見てないので来日公演は白蛇とペイジを入れて過去5回かな?



1983年 2月22日 日本武道館
「SAINTS & SINNERS」アルバムに伴うツアー。
メンバーはカヴァーデイル、ミッキー・ムーディ、メル・ギャレー、コリン・ホッジキンソン、 コージー・パウエル、ジョン・ロード。
コージーのソロ私はここで見てたのか?「633爆撃隊」「1812年」をフューチャーした怒涛のドラム・ソロは圧巻でした。


日本公演の映像はありませんのでかわりに1983年のドニントンパークで行われた「Monsters of Rock 」のライブ映像をどうぞ!

Walking in the Shadow of the Blues
Whitesnake, Donington Monsters of Rock 1983.

Vocals: David Coverdale
Keyboard: Jon Lord
Guitar: Micky Moody
Guitar: Mel Galley
Bass: Colin Hodgkinson
Drums: Cozy Powell Whitesnake - Ready An' Willing (live 1983) Whitesnake - Fool For Your Loving - Monsters of Rock, 1983

1984年 8月12日 西武球場 SUPER ROCK’84

メンバーはカヴァーデイル、ジョン・サイクス、ニール・マーレイ、コージー・パウエル、リチャード・ベイリー

Super Rock Japan 84 - Love Ain't No Stranger

1990年 9月25日 日本武道館

「SLIP OF THE TONGUE」のツアー。
メンバーはカヴァーデイル、エイドリアン・ヴァンデンバーグ、 スティーヴ・ヴァイ、ルディ・サーゾ、トミー・アルドリッヂ
今思えば凄いメンバーでした。この貴重なライブ体験の記憶が薄いのは何故?(笑)全く覚えてないかも!(爆)

"Slide it in" plus interviews Donington 1990

1993年12月14日 日本武道館 COVERDALE/PAGE
もちろん元レッドツェッペリンのジミー・ペイジとのコラボ
COVERDALE/PAGEのライブは日本でしか実現しなかったので貴重な体験でした。
カヴァーデイルのボーカルがロバート・プラントに聞こえたのは私だけ?
カヴァーデイルの持ち歌を演奏するよりZEPの曲をやる方が大盛り上がりでしたのでカヴァーデイルは多分不機嫌だったはず。 Coverdale/Page - Still Of The Night - Live 1993 Coverdale Page - Rock and Roll - Over Now



2006年 5月21日 東京国際フォーラムA

カヴァーデイル、ダグ・アルドリッチ、レブ・ビーチ、ユーライア・ダフィ、トミー・アルドリッヂ、ティモシー・ドゥルーリー

2004年ロンドン・ハマースミス・アポロ/WHITESNAKE/BURN



2008年10月24日 日本武道館 DEF LEPPARD / WHITESNAKE


ダブル・ヘッドライナーですが何故にDEF LEPPARD が先に表記されるかは売り上げ実績でしょうか?

 ナイスでしたらポチってよろしく!励みになります。
 ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
| Whitesanke | 02:37 | comments(6) | trackbacks(0) |