ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Thank You !!
ブログランキング 
よかったら応援してね! ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング
Led Zeppelin
what time ?
SPONSORED LINKS

Until the End of the World

U2 QUEEN BOWIE ZEP JAPAN CLASHなどUK系からHM/HRまで 1970年代〜現在までの名盤や来日公演レビューなどを書き留めた、自由気ままなROCK雑記帳! since 2007/05/08
David Sylvian 渋谷オーチャードホール
David Sylvian /2007/10/30 (火) 渋谷オーチャードホール のセットリスト

01 Wonderful World
02 It'll Never Happen Again
03 World Citizen
04 The Day The Earth Stole Heaven
05 Ride
06 Playground Martyrs - Transit
07 A Fire In The Forest - Ghosts
08 Snow Borne Sorrow

ここでMCがあった(風邪をひいたんで何曲かカットすると言ったらしい)
Mother & Child がカットされた

09 Jean The Birdman
10 Sugarfuel

デビがメンバーに何か伝える・・・Takuma Watanabe があわてて楽譜をゴソゴソして
たらしい。(予定外?)
そんでいきなり本来は本編ラストの曲が演奏された
Brilliant Trees〜Before the bulfightがさらにカット

11 The Librarian
(no encore)

Every Colour You Are - River Man
Wanderlustの3曲が大阪ではダブルアンコールで演奏された。

結局6曲も大阪のセットよりカットされた・・・。

今回のデビの東京公演は本人の体調不良のため大阪に比べ6曲もカットされてしまい

ほんと残念でした。


ツアーパンフは大阪より1000円高い6000円で販売されたり、


グッズ売り場の案内は酷いし、スマッシュの仕切りが悪いとの指摘もありました。


日程が強行すぎたと言う意見が多いのは同感です。


短かったけど内容は素晴らしい演奏だったのも同感。


中止寸前の体調だったんでデビやステに会えただけでもラッキーだったのも同感。


RideやGhostが最高だったのも同感。



でもまだ何かモヤモヤしてる!


それは風邪で具合が悪いのでカットは仕方ないが、

最後にメンバーが揃っての挨拶がなかったってことかな〜。

なんかすっきりしないのはさぁ〜。

ほんと終わった気がしないんだよな〜。

ライブが始まり最初は座って聞くのもなんか嫌だったし、

ノリノリの曲では無いのでダンスするわけではないけれど、

立ってステのリズムに身を任せてスィングして聞きたいよな〜

クラブみたいに!

演奏が終わって大きな拍手は良いんだけどさぁ〜

だれも声援しないんだよな〜名前をコールしてもいい筈だよな〜

デヴィットとかスティーブとか。

うおーとかイェーとか口笛とか!


他の国のライブ動画をyoutubeで見ると声援がすごいもんな〜

香港なんかアンコールの Wanderlustが終わったら観客の声援に応えてあのデビが

自分から握手をしにステージ前まで出て握手してるし、

最後には投げキッスまでしてるもんな〜。



大阪で花束を渡そうとした女性を無視してステージを下がったのとは、

雲泥の差があるよな〜。


ほんと東京の客はオトナシ過ぎた。


オーディエンスの役目は最高の演奏には最高の声援を送ることでまたさらに、

ライブする側はもっと良い演奏をしようとして相乗効果が生まれるんだと思う。

デビは世界各地をツアーして日本の前の香港までは大声援の包まれて

ライブを成功して来たんだが、大阪より東京の客の方が乗りが悪いと

ブログに書いてた方がいたけど、

具合が悪い中、大きな拍手はあったが乗りも声援も反応がない東京に

がっかりしたのかも、な〜んて感じてしまいました。

いくらデビでも曲が終わったら大拍手と大声援のコールで

スタンディングオベーションされたら嬉しいはず!

もっと良い反応してたら最後まで最高のライブをしてくれたかもね!

当時のジャパン時代からのファンは、おそらく37〜50歳位のはず、

もうなかなかライブにも出られない年齢(自分も同じ)だもんな。

当時78年〜84年のころはライブの規制は厳しく立つと係り員が座らせに飛んで来た

時代で、立つのが許されたのはアンコールの時だけだった。

いまではシンジラレナ〜イ!なんて若い方は思うが、レインボーの札幌公演で

将棋倒しで死者が出てから厳しくなったらしいが・・・。

それでも、だんだんと始めから席では立つのが許されるようになったけど!

余談でしたね(笑)

クラッシックじゃないんだからもう少しライブの楽しみ方を考えても、

いいのではないのでしょうか?

ま〜!こんなことを2ちゃんやMixiにでも書き込んだら集中砲火を喰らいそうですが、

個人のブログですのでお許しください!

でも色んな考えの人もいますので、賛成、反対の考えがあったら

コメントくださってもOKです。

あくまでデビシルファンのたわ言です。


香港の模様を見たらあまりにも悔しい思いが思い出されたもので・・・。


David Sylvian 香港公演

nice!でしたらポチってお願いします!
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
| DAVID SYLVIAN | 03:10 | comments(5) | trackbacks(0) |
David Sylvian The World Is Everything Tour Japan 07 Tokyo



デヴィッド・シルヴィアンのThe World Is Everything Tour 最終日が日本公演と言うの

も日本に対するデビ様の思い入れを感じつつ、

何かワールドツアーの最終日のサプライズ

を期待して・・・。


行ってきました。渋谷オーチャードホールへ!


デヴィッド・シルヴィアンの来日公演は93年以来なので、ほんと久しぶりで期待「大」。

会場に着いたのは午後6時20分頃でした。

すでに入場の列が出来てましたので、かなりの人が集まりスカスカなんて事はなさそう。

(実際開演前の会場は満員御礼のようでした)

会場入りしたがグッズ売り場も長蛇の列・・・。

しかしまずい予感的中・・・。パンフは売り切れた模様(涙)


品の良いデザインのTシャツのみ3種類ありました。

パンフ欲しかったヨ〜。


ショックを引きずりつつ座席の確認。

丁度会場内のミキサー席から2列目!音はかなり良さそうな位置でOK!


客層は以外と若い人もいたが大体30代〜40歳代以上の

おじさん、おばさんが多い。(自分も含めて)

でも外人さんも結構いましたね。


そろそろ開演の頃、自分のすぐ前の列にあのYMOの高橋幸宏さんがいらした。

茶色のシャツと帽子で決まってました。やはり有名人はオーラがでまくり!

ミキサーのすぐ後ろの一列は招待席だったようです。


他にも見たことある顔がありましたが、名前がでません!

ユキヒロさんは小顔でショートヘアの美人の女性とご一緒でした。


定刻の20分遅れの7時20分位にスタート!


David SylvianとSteve Jansen /Keith Lowe / Takuma Watanabe

の4人が繰り出す音は厚く、一曲目のWonderful Worldでぶっ飛んだ。

すごい音の波!

HM/HRで慣れてる耳にはもう少し音量を上げて欲しかったが・・・。


デビさまの低音のボーカルはシビレマス。

ジャンセンさんのドラムも少し乱れる場面がありましたが、

変則リズムも見事にこなしてたね。

Takuma Watanabe さんのピアノがまた素晴らしい!

ジャパン時代の名曲Ghostsも見事なアレンジで披露してくれました。

はじめはGhostsと分からない位のアレンジで別の曲に聞こえたくらい!

ジャパン時代からのファンとしては嬉しいですわ〜。


それでもう満足・・・。

と思ったのがいけなかったのか?

MCがないかわりにデビシル様が曲間に

水はかなり飲むは

咳はするはで???

と感じつつデビシルの世界に身を任せていると、


あれれ、何か曲順が他の公演と違うぞ!

セットリストを事前に知るのを嫌う人もいれば、

自分は学生時代から定期テストは事前にテスト範囲を入念に覚える方で。(笑)

ライブも事前にセットリストを調べて予習してライブに行く方な性格です。


あれ〜と思ったらメンバーがバイバイしてステージを降りた。

もう下がるの・・・と思いはしたが、かなりなが〜いアンコールの手拍子も虚しく・・・。


客電が点灯した。


え〜


でもみんなアンコールの拍手を止めず再登場を期待したが、

「本日の公演はすべて終了しました」の非情なアナウンス!

時計の針は8時38分・・・。

70分チョットで終了!

は自己最短ライブ体験です。

ほんと


マジかよ!と声に出てしまいました!



よっぽどデビシルさまの体調が悪かったのでしょう!


中止にならなくて良かったとやさしい意見もあれば、

プロなんだから自分の体調管理くらいして欲しい!という厳しい意見もあるようですね。

実際、私も自分の部下にかぜをひくのは自己管理不足だ〜。

なんて言ってるし。(私はかれこれ10年間寝込んでません)


でもデビシルさまのワールドツアーは今回日程を詰め過ぎだよね!


9月7日のストックホルムより28か29公演だし。3日間連ちゃんもあったしさ!

移動するだけでも疲れるし、ライブは体力いるしね!

(昔バンド組んでライブしたけど1回きりのライブでも疲れた)



でも内容が良かっただけに・・・。


仕事の都合をなんとかつけて14年ぶりに逢いに行ったのに・・・。


ほんと悔やまれます。




しばらくショックで立ち直れそうにないな〜。



こんな人多いのでは?



でもジャパン時代からの付き合いなんで・・・。


少しでしたがあんな良い音するホールで聞けて最高でした!


演奏中はみんな静かに聞き入って、曲のあとに最高の大きな拍手で応えてたね!


聞く側の気持ちがデビに伝わったんではないかな!


デビも身体が辛かったろうが、ワールドツアーの最終日を、それも満席の東京公演を

最高の演奏を最後まで出来なかったことが、

一番本人も辛いことだったと思ってるのではないでしょうか?


また来日する際は、もっと、もっと、もっと大きな拍手で応えて、彼に伝えたいです。



世界中で一番のファンが日本に大勢いることを!



大阪のセットリストだそうです。

ほんとは東京もこんな感じだったはず。(悔しい・・・)


David Sylvian / Vocal, Guitars
Steve Jansen / Drums, Sampler
Keith Lowe / Bass
Takuma Watanabe / Keyboards

01 Wonderful World
02 It'll Never Happen Again
03 World Citizen/I Won't Be Disappointed
04 The Day the Earth Stole Heaven
05 Ride
06 Playground Martyrs
07 Transit
08 Fire in the Forest
09 Ghosts
10 Snow Borne Sorrow
11 Mother & Child
12 Jean The Birdman
13 Sugar Fuel
14 Brilliant Trees
15 Before the Bullfight
16 The Librarian
encole
17 Every Colour You Are
18 River Man
19 Wanderlust

David Sylvian/Ride
| DAVID SYLVIAN | 02:18 | comments(10) | trackbacks(0) |